鉦太鼓聞こえて夏の始まりぬ

おきてがみ


休みが始まり、梅雨明け宣言もなされました^^v

と同時に水の事故のニュースも目にし、泳ぎの得意な大人でも侮れないでようです

十二分に気をつけていただきたいと思いますね

私が子供の頃は川で泳いでいたのが普通でしたが今から思うと何と危険なことだったと思います

地域の子供会の高学年の会長さんが、夏休みの行事として午後に川で泳ぐ取り決めをしました

途中、自転車で坂を下りてかなりのスピードが付くのでブレーキをかけながら高学年に付いて行った記憶があります

それらのことを含めて、父に随分心配を掛けていたことを知っていましたが

子供会の行事として怠けていると言うレッテルを貼られるのが嫌で、半ば、半強制的に行っていたことが思い出されます

しかも、草の茂みで着替えをするのですから高学年の好奇心もあったのかも知れません

無防備でありながら長閑な景だとは思うのですが今だったら何があっても反対しますね

八分にされても構わない意気込みを持たないと子供を守れません

最も今は各学校にプールがありますからそんな必要のないことですが

また、道中にある豆腐屋さんで駄菓子も売っていてそこに帰りに寄るのが習わしになっていました

私は父にそのことが言えなくて、一人、店先で待っていました^^v

先に帰ればまた後でなんだかんだと言われるのを知っていたからです

集団行動が出来ないとかなんとか上級生によって先生に報告されるのです

子供の世界は残酷ですからね^^。



さてさて、日本昔話は止めておきましょう

夏休みが始まった途端に午後5時が過ぎる頃に、鉦や太鼓の音が聞こえてきます

「日本一やかましい祭り」で有名になったあの石取祭りに向けての練習が始まったからです

入選句にこんな句があります




句意に付いてはここでは書きませんが句集には書き記しました

また、こんな句も有ります

画像は街散策で撮ったものですが、この絵の女性は着物の色といい顔立ちと言い

養母に似ている雰囲気があって思わずカメラに収めたのでした

養父は一滴もお酒が飲めない人でしたので、この句に詠まれている父は実父です

私には二人の父と三人の母がいました

何と、恵まれていたことでしょう^^v



[PR]
# by kondoumako | 2014-07-23 09:58 | その他 | Trackback | Comments(0)

入選100句を期にデジブックその①

おきてがみ





入選俳句、100句を期に句集編集も半ばに近付いてきました

カメラ散策が忙しくてなかなか^^;

句にふさわしい画像を蔵から出してきたり

最近の画像から探してみたりと時間がかかって

また、気紛れなので気が向かないと編集までに行きません

と、同時に毎日の句会にも参加してせっせと駄句を投句して

それでも一喜一憂で楽しんでいます^^♪

最終的に画像は変更したりして、句集を完成させなくてはと思っているところです

振り返ってみると私に人事俳句が多いのは

また、人事俳句が入選しているのは

自分史でもある俳句に思いを委ねることができるからだと思っています

拙い画像とのコラボをまだ半分しか出来ていませんが

本当はそこにある「句意」を書くのが楽しみで

つい文章作法にこだわってしまいます

デジブックではその句意についてはご覧いただけないのですが

平明で判り易い句がmakoのモットーなので季語や俳句の型に

精通していない方でも色々想像していただけるのではないでしょうか^^。



追伸で・・

最近、掲示板の方に度々嫌がらせ書き込みがあります

いつも同じ文章ですよ、しかも、悪いけど、下手くそ文章ね^^v

以前はもう一つのブログによくあったことですが

最近は掲示板のほうにも^^。

どこかで、同じ書き込みがあるのを見かけたような記憶もあるのですが

何か、可笑しい~ぃ^^。

あ、クリックしないで削除はしますけどね



[PR]
# by kondoumako | 2014-07-22 07:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

ありえへんことが

おきてがみ













昨夜はエアコンのお蔭で久しぶりに熟睡できたようで嬉しい

今までの眠りの浅かった分を取り戻すかのようにずっと眠っていたい気分

だけど朝食を摂ってから薬を飲まなくてはならないので起きた

昨日は、クマゼミの大コーラスもあり依り暑さも増していたのに今日はめっきり鳴き声が聞こえない

お疲れあそばしたのかもしれない^^。



ベランダで洗濯物を干していたら足長蜂?が巣を作っているのを発見

なので、洗濯物を取り込む時はことさら注意していた

以前に足長蜂が家の中に入り込んでいて頭を射されたことがある

何でもシャンプーの香りに引き寄せられてのことだとか

側にいた幼い娘や母が射されなくて良かったと胸を撫で下したことがあった

そんなこんなで今度射されたらアナキーズショックとやらになり兼ねない^^;

特にアレルギー体質のmakoにはリスクが高い

さりとて、退治するのも厄介だし、何となく、そのままにして於いた

で、昨日エアコンの試運転したときに、そうそう、室外機のすぐ側に巣があった・・

もしかして、これを機に退散してくれたら良いのにと恐る恐る観たらこんなことに





ごめん、中に幼虫がいたんだね、それが巣から零れ落ちていた

悪いことしたなぁ・・・心が痛む



今朝観たら、どこかに避難していたらしい親蜂が戻ってきていた、余計に心が痛む






ところが・・今、見たら・・親蜂もいない・・

幼虫が居なくなったことが判ったので彼らにとってはもはや廃墟になったのでしょうか

今後、このまま巣は廃墟のままで終わってしまうのかと思うとホント、悪かったな~と複雑^^;

退治しないと決めていたのにね・・今度はもっと安全な所に巣を作ってね

暫くは幼虫の死骸を始末することが出来ない・・

それに、まだ巣に戻ってくるかもしれないと思うと今夜のエアコンはどうしよう・・



さてさて

プロローグが長くなってしまいましたが

昨日のラーメン店でのお話をちょいと^^

ラーメンをオーダーしてからカウンター席に着いてふと横をみると手洗い場があった

このお店にはおしぼりが付いていないので手を洗らった

さっきまでウインドショッピングもしていたしね

で、そこへ年配の男子が手を洗いにいらっしゃった

カートを引いていらっしゃる男性

その方、最初は手を洗っていらっしゃたかと思ったら

あろうことか・・花を、あ、違う鼻を手でおかみになられて、片方ずつ

つまり、何て言うんだろう、片方の鼻を指で押さえてフン!ってやる方法ね

mako目が点になった^^;

いくら水を出しっぱなしでも嫌だ~、mako隣の席にいて気が気でなかった

いくら衝立があっても一部始終が見えている訳で・・^^;

水しぶき・・多分・・^^;

何と言っても公共の場であるこの場所でこの年配の方の「仕草」が信じられないのであった



オーダー掛けたラーメンが出来上がったので取りにいってからは違う席に着いた

もうあそこでは手は洗えないね、他の所であっても、手洗い場って案外信用ならないことが判った

今度からは手をかざすだけで水が出てくる所だったら手を洗おう



ラーメンを頂いてからの帰りに、通路をカートに寄りかかるようにして歩いて行かれるその男性を目にして

「老い」を考えざるおえない一場面であった

何時かは・・私も

もはや・・私もかも知れない^^。

[PR]
# by kondoumako | 2014-07-19 06:09 | その他 | Trackback | Comments(0)

ま、色々と

おきてがみ





連日の熱帯夜なので、今日はエアコンの試運転をしてみた、快適^^v 

今夜はぐっすり眠れそうだ、しかし、何と贅沢な暮らしをしていることか

あ、今年になってからの試運転なのでして、明日は夜まで我慢だな

まぁでも、熱中症になったり体力消耗するよりは低リスクかと

変な言い訳で自分を納得させているmakoなのでありまする^^。

それにさっきまで用事で外にいたから部屋に戻ったらサウナだったのでね



扇風機

私が扇風機なるのものにお世話になったのは養家に来てからのことだった

音の大きい金属性の羽だっただろうか記憶にないけど薄いグリーンの色だけが思いだされる

養父母も倹約質素な生活をしてたので余り使われているのを目にしたことが無かった

オブジェのように床の間に据えられていた^^。

使われるのは客人がある時だけだったような・・・。

昼寝をするときも夜の就寝も団扇をいつも手元に置いている父母だった

音が静かになったら母の胸の上には団扇があって眠りに就いたことが判るのでもあった

私が熱を出せば団扇で扇いでくれている母だった

扇風機どころか、エアコンのお世話になっている今となっては何とも申し訳ないようにも思う



昨日は用事があって出かけていた

決められた時間に行くことになっているので終わるとお昼前だった

専用のPまでの道中にMr・ドーナッツがあるのでちょいと暑さしのぎにお店に入った

長居しなければ慌ててPに戻る必要はないと聞いていたので

買って帰るつもりで立ち寄ったのだった

「わたし行かない、足行くね」  ^^v




そして、今度は「足が外へは出たくない」と言うのでしばし店内にとどまることにした

甘いものばかりでなく、一つは海老グラタンにしたのです

コンデジ撮影・しかも暑いのにホットコーヒーだし^^;

だってアイスはお代わりできないんですもの~^^。

窓際のカウンター席に座って外の景を眺めながらいただいていると

句材が落ちているような気がしたけど1句も出来なかった^^。

店の中にこんな注意書があった

「店内での長時間の勉強はご遠慮ください」とかそんな内容だった

そう言えば、先回もその前もそんな景を見かけたな、ほぼ学生の倶楽部ハウス状態^^。

で、本は開いているものの、持っているのは筆記用具ではなく、スマホ^^。

ん?ってことは私はどんだけ行ってるのということにもなる訳で^^;

しかし、この店、私がOL時代からあるので懐かしい場所なのでした



今日はまた別の用事で役所などに出かけて

その帰りに「寿がきや」という名古屋ラーメンのお味のお店に立ち寄った

ここも懐かしくて無性に食べたくなる、白湯スープで麺は細め

そして、えぇえぇえーっ ^^!! と言うような景を目にした

その話はまた次にということになりまする~^^♪

梅雨が明けたのでしょうか、やたら暑い・・

[PR]
# by kondoumako | 2014-07-18 11:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

噴水・涼しさを求めて

おきてがみ









この赤い橋を渡ると公園散策の始まり~始まり~

暑苦しい色なのでさっさと渡りきりました

噴水は経費節約の為か、水不足なのか上がる気配が一向になかったのでした




渡り切った先に東屋があって、この暑さの中、人はいないだろうと思いきや、お一人様が~^^。

お弁当を広げていっらしゃる様子でした^^。

そうこうしている間に噴水の上がる音が聞こえてきたので引き返して

橋の上からパチリ何度も試し撮り、当然、足元は見ないようにしていたのですよ^^;

橋の欄干を利用してそこにカメラを安定させて三脚の替り^^v

その分、腰にきいてきたのでそこそこにしてさっきの東屋の所に戻ってくると





・・・何だか様子が気になる~どうしよう・・・

声を掛けさせていただこうかな~って思案していたら

手前の方から熟女が2名、ウォーキングという名を借りた井戸端会議宜しく通りかかったのでした

・・・でしたが、あのお姿を見ても何の反応もなし、むしろ避けるようにして通過して行かれるのを観て

迷っていたmakoも止めた方がいいのかもと判断した

ここに頻繁に来ている訳でもないので様子が解らないしね・・

最初目にした時はお弁用を食べてお元気そうに見えただけに

気になったけど、ごめん、暑さの為にmakoも先を急ぎます^^;

帰りに引き返そうかとも思っていたのですが別のルートで車まで戻ることに

その訳は・・・




この男子二名、えらい物音、多分、木で出来ている床を鳴らしているんですね

ドンドン、ドスンドスン

さっきまであそこで写真を撮っていたけどあの二人の気配には全く気が付かずでした・・

makoの後から来たものと思われます




気になるお爺さんの所に引き返すにはあの建物の前を通りすぎないといけないのです・・

ごめん、お爺さん、やっぱり、あの手の若者はmako苦手なんです^^;

やたら大声で話して大きな物音でしょ、お酒でも飲んでるのかもしれないし・・



写真だけ隠れるようにして撮ったら大急ぎでPに戻って行くと

バイクが2台停めてありました、ツーリングなのかしらん^^;

じゃあ、お酒は飲んでいないわね^^。

ん?だったら余計に変じゃない、ない^^?






で、さっさと帰ろうとしたら、今度は白い高級車が入り込んできて

次に軽自動車が入り込んできて、軽自動車から降りてこられたのはご婦人

そして、さっさと乗用車の中に乗り込んでいかれました

えっ?かなりの熟女さんでしたがそれもありかぁ~

こうなったら言っちゃいますが、makoそういう光景はここに限らず度々見かけております

寒い時は車の中の方が暖かいわよね

暑い時はエアコンの効いた車でのお喋りの方が涼しいわよね^^v

降りて散策出来ない事情がお在りなんでしょうね^^。

あ、喫茶店に入ればいいのに・・^^。

そうそう、思い出したことがあった

喫茶店での話・・

知人からのまた聞きだけどね

折あれば後日談で



それにしても、あのお爺さん、気になりました

だってね、あの池は色々あるところでして、好奇心旺盛なmakoでも流石に奥までは入って行けないんですもの^^;

今夜はちょっと眠れないかも^^;

もう、それにカメラ散策は小休止だわ、体力が落ちてきているようなんだもの^^v

あ、でもデジブックは作りました、これも暫くお休みです

音量に注意してくださいね



[PR]
# by kondoumako | 2014-07-17 08:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

超高速参勤交代を観ました

おきてがみ



先回観た映画は「春を背負って」でした

居ながらにして山々の絶景を楽しめることができ

と同時に山の厳しさもそのストーリーと並行して内容のあるものだった

登山のドクターストップがかかってしまった今となってはパンフレットまで買ってしまったのでした

学生以来のパンフ買いでした

今回の「超高速参勤交代」は予告篇を観て楽しそうだったから

佐々木蔵之介さんは超イケメンという訳ではないが実直な大名を絶妙に演じていて好感がもてた

深田恭子さんはおっとりしたお嬢さん役が多いイメージだが今回は汚れ役、後に大名の側室となる

他にも良い味をだしている伊原剛志、西村雅彦、(この方、特に^^。)

陣内孝則、寺脇康文、六角精児、上地雄輔(俳優さんとしても成長を遂げていてナイス)

『通常でも8日かかる参勤交代を5日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が

奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。

8代将軍・徳川吉宗の治世下、東北の小藩・湯長谷藩は幕府から突然

通常でも8日かかり、さらに莫大(ばくだい)な費用を要する参勤交代をわずか5日で行うよう命じられる

それは藩にある金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には無茶苦茶な話だった

藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を完遂させようと作戦を練る』

           by シネマ情報

いや~面白くてかけひきなく笑えました^^♪

笑いは免疫効果を高めますからね^^v

たまにはこんな映画もナイスです

帰りにここに寄って遅いランチを摂りました

京都からの出店だそうです














手作り豆腐が売りなのにUPを撮るのを忘れていました

抹茶塩でいただきました

うふふ~ここでカメラの練習です

店内のこんなものを^^♪




ライトが額の中にも映っているのが見えますか^^?



で、外へ出たら夕立が有ったらしく、路面や植木が濡れていました

その景を詠んで投句したらどなたも採ってくださらなかったけど^^;

(もっとも、makoはギリギリの時間で投句するからメンバーさんの選句は既に終わっていることが多々有り)

先生の〇△はいただいた^^v

いや~だから俳句って楽しい^^!

気負わない気合を入れない俳句でしたけどね

映画も楽しく、おまけで作った俳句も佳句になって充実した一日となったのでした^^♪

勿論、心の臓によい日でもあったのは言うまでもありません^^v




音量にご注意くださいね

時代劇とのギャップが面白いエンディングテーマソングを張り付けておきます



[PR]
# by kondoumako | 2014-07-16 07:35 | その他 | Trackback | Comments(0)

誕生日その②

おきてがみ

いただいたコメントは承認制になってます^^v


団子①②③たちに再び祝って貰うことになっていたので

お母ちゃんに言われるまま孫たちに逢いに行った

団子③に手がかかるので色々買い込んで行った

いつもの焼きたてパンに、途中のスーパーで惣菜やお寿司などを買っていたらもう昼頃になっていた

そのースーパーというのがかなりお値打ち価格で色々な手作り惣菜などを売っていて感動した

今度はゆっくり観てみたい所^^v

今まで、惣菜を買ってゆくのに、こちらの有名な老舗の某肉屋さんの惣菜と決めていたのは

なんだったろう、悪いけど、そんな変わりないように感じた

お母ちゃんはそこから食材の宅配サービスを利用しているらしい、納得だ^^。

車を停めていると、シロが吠えるので2階の窓のカーテンの隙間から

団子②がひょこんと顔を出してmakoを確かめると下まで降りてきてくれた

だいたい、いつも団子②が迎えに来てくれる

お目当ては焼きたてのパン^^。

彼らはmakoと味覚が違って甘いパンは喜ばない、惣菜パンが大好き

お寿司など思い思いのものを食べてお腹が一杯になった頃、団子②がそわそわしだした

と、思ったら、カーテンを引き始めて部屋を暗くしておいて

キッチンにいるお母ちゃんの所へ行って何やら話している

団子③はお隣のお婆ちゃんのお家でスヤスヤお昼寝中なのでmakoはつまんない・・・^^。

純木造家屋のお家だから自然の風さえ入れば涼しくて長く寝入ってくれるそうだ

団子①はゲームに夢中だし^^;



お母ちゃんと団子②が戻ってきた

お母ちゃんはケーキを手にしていた

団子②はこの作業をしたかったのだ^^。




これって、団子②のバースデーケーキ^^?

違う違う、チョコ板にはmakoの顔ですもん^^v

部屋を暗くしたのはフゥーってやりたかったから^^v

点火しているお母ちゃんに「まだよ」って止められている^^;

団子①は知らんぷり・・・^^; ゲーム

団子②は兄ちゃんより何でも自分が一番にしないと気が済まないタイプ

だから真剣なんです^^;

真剣な眼差しでしょ^^?

って、見えないんですけどね~見せたいんですけどね^^v




うふふ~

誰のバースディーなのかしらんね^^♪

そしてこの後、傍らでゲームに夢中になっていた団子①が加わってめでたく「ふぅーー」ってして完了

パチパチパチパチパチパチ~♪

その瞬間は大きく手ぶれ^^;

しか~し、makoはしかと観ていました

ろうそくの灯を消したのは団子②ではなく、素早かった団子①の方だったことを^^。

でも、団子②は自分が消したと思って大満足であったのです^^♪

そのあとお母ちゃんに促されてHappy Birthdayを唄ってくれたのでした~

ケーキの美味しかったこと~^^♪

帰り際、お母ちゃんがイオンGIFTカードをプレゼントしてくれた

うれしっ^^!

だってね、これは団子兄弟たちの好きな物に変身する為のカードなんですもん^^♪

[PR]
# by kondoumako | 2014-07-14 12:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

新名神高速道路工事

おきてがみ






↑ の画像はシャッター速度の練習

微妙に色合いや水面の変化が見てとれる

薄い画像の方が好きかな~^^♪

シャッター速度は光の取り入れ方が変わるので面白い

カメラの師なるものがmakoにはいないが、自分で試しながらやるのが楽しい^^♪

NETでは、ある方の画像を拝見して溜息が出た

毎日その方の画像に観入っている^^v

しかも文章にも惹きつけられて、素敵な男性、世界に通じる写真家でもいらっしゃる^^v



さてさて、台風一過は梅雨前線をも吹き飛ばしてくれたのかと思いきや

湿った重い空気を置き土産に残していった

こちらは思ったより被害がなかったものの台風とは関係のない所で

土砂崩れなどの被害をもたらしている

お見舞い申し上げます




昨日はちょい散歩に行った

5月頃だったかな、ダム湖周辺の径に電気工事関係と思われる車が数台入りこんでいた

「三尺寝」のお昼休憩を取っている傍らを怪しい動きをするmakoがぶらぶらしていていた訳で^^。

何が始まるのかと怪訝していたけど昨日その訳が判った






新名神高速道路工事の立札を目にした

へぇ~・・こんなところを走るんだ~工事完成は28年7月と書かれていた

赤い橋の上から観る景色がまた違ったものになるんだ

2年後かぁ・・・

クレーンの動きが見えていてが工事音は静かなものだった

そんな中、思い切り響いてくるものがあった

「へぃっくっしょ~ん~」

あはは~完全にオヤジクシャミだな、怪我や事故の無いように祈ります^^v



三脚を持たないmakoだから、シャッター速度の練習はかなり息を詰めます^^;

まだ老鶯が鳴いているのは聞こえていたがやっと姿を見つけたので

逆光ながら鳴く度に尾っぽを震わせている様子が観てとれた

全身で鳴いているんだ、勿論、嘴の影も見えている

あれこれ設定して上を見上げると、飛んでゆくのが見えた、逃げられた^^;

暫くすると、また違う場所で声が近くなってきたので姿を探したが今度は見つけることが出来なかった

そのくせ、立ち去ろうとすると、いよよ大きくケキョケキョトッキョトッタカホイなんて聞こえてきた^^♪

この辺り巣箱は掛けられているがいまだそこに鳥が居るのを目にしたことがない





ついでながらに俳句

句材は「雲の峰」・「老鶯」・「三尺寝」なんて言うものがあるけど、未だ作句に至っていない

駄句なら思い付いた^^;

    対岸の向こうに見ゆる雲の峰   駄句 mako



この日記を書きだしたのは夜中3時を過ぎていた

終わる頃には外が明るくなり始めて、鳥たちの囀りも盛んになってきている

実は怖い夢で目が覚めた

そのまま寝るとまた続編を見て仕舞いそうなので起きていることにした

ダム湖には治水神社なるものがあって赤い格子と古びた建物を撮ってしまったのが

原因かも知れない・・・違うかも知れない・・・^^;





今、TVでまた東北で地震かな、津波予報です

何事もなければいいんですが・・

やっと、夜が明けました

ささ、一眠りしとかないとね~

ん^^?

[PR]
# by kondoumako | 2014-07-12 10:05 | その他 | Trackback | Comments(0)

七夕そして叶わぬ願い

おきてがみ

只今、コメントは承認制になっています。








赤いオープンカーに出会えましたよ

ところが、思わぬ所で思ってもみなかったものに遭遇しました

なので、赤いオープンカーは次なるお話でということで^^。



で、公園の東屋にこんな物が~^^♪










そう、笹飾りなんです

まぁ~いろんなことが書かれていました ^^。

大方は家族の健康を願うものでしたが

思わず、クスッとなったのがこれでした




そして、こんな願いも  ^^。




これには笑えませんでした・・・



で、今回のデジブックは

七夕に因んで、ちょいと物語風に作ってみました^^。

先ずはそれをご覧になってくださいね

大人の物語ですよ、七夕ですもんね

それでは音量に気を付けてくださいね

短いですよ、20枚そこそこだったかな ^^♪



[PR]
# by kondoumako | 2014-07-08 12:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

露マジックそして朔日餅

おきてがみ


露と言ってもこんな沢山の語彙があります

白露・朝露・夜露・露の玉・露けし・露時雨・芋の露などがあり

歳時記には秋の季語として紹介されています


         『くるぶしの露けき頃となってをり  川崎展宏 』

昨日の私が全くもってその通りでした

瑞々しい朝露は私の足元を濡らし、くるぶしまで上がってくるのでした

時々、草丈の高い所にも足を踏み入れます

足場を選んでいたら写真は撮れませんもの^^。

少しも不快ではなく、むしろ心地良さを感じさせる朝露でした

露はこんなマジックをしてしていますね

名付けて「さかさ蓮」 ^^v

逆さに映った蓮の花が見えるでしょうか~

もっと面白いのはこの雫が時折の風で揺られた葉からするり落ちる景です

しか~し、makoは待てませんし、タイミングを逃したら何これ写真になってしまいますので

これくらいが妥当かと^^;




下の画像はちょっと幻想的に仕上げてみました

色々、小業を使います、ボケ写真ではありませんので、念の為ネ^^♪

雫の中に蓮が映っているのが見えるでしょうか?

実は私、近眼の乱視、それでいて洩れなく老眼もちょっちゅネ

ですからファインダーを覗いている時点では写り込んでいる蓮などは見えておりません、ハイ^^;




しか~し、高倍率で撮って於けば掘り出し物があるはずと信じている訳です



さてさて、朔日餅のこと

いつもながらM姉さんにお世話になっておりましてアリガトウござりまする

その日は、へへ、用事のついでにミスドによっていました

ドライフルーツの一杯トッピングされたものと、もう一つは名前忘れましたが

ふわふわのクリームが中に詰め込んだもの・・・

あはは~makoの辞書にダイエットの文字は既に消滅したようでございますね




そこへ朔日餅、流石にmakoの理性がストップをかけました^^v

今月は竹の筒に入った水羊羹でしたので

冷蔵庫の中で翌日二日まで冷えていただきました

その日の内に、なんて表記されていますが、何のその、makoの胃腸は至って丈夫のようです

時にそれは仇となってダイエットを妨害しておりまするのも否めませんが・・^^v

が、その身体の持ち主のmakoが「それで良い!」などと大ミエきるので困ったものでございま^^。

伊勢は赤福さんの「朔日餅」は12か月の毎月一日だけに販売されるもので

マニアにとってはまだ日の昇らぬうちに並んでも買いたいという人気の代物

しかも、12か月の中で、唯一、お餅系とは違うものなんですね

だから並んでも買いたい、そんなところでしょうね

M姉さんは別のルートでもって並ばなくても良いのですが要予約なんです

竹筒に入った水羊羹はどこにでもありますが、竹は勿論のこと、笹、結び紐、

これらが全て天然物^^v

マニアの人が熱くなるのも判ると言うもの

makoそれを並ばずにして毎月手にすることができる

いや~かれこれ、何年になるんだろう、M姉さんにお世話になってから

有り難いことでございます~^^v






本日中の文字が・・・^^;

あ、でも、胃腸が丈夫のmakoに限ってのことで翌日もいただいちゃいますが

デリケートな方は御止めくださいね^^v



あ・・・食べ物のことで日記が終わってしまった・・・^^;

[PR]
# by kondoumako | 2014-07-04 12:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

お母ちゃんの企てその②そして蓮のデジブック

おきてがみ


 


暑い日が続きますね^^;

なので、トップ画面には涼しげな花を持ってきました



今朝は早起きしてお隣の愛知県の立田の蓮を取ってきました

5:30分に到着

途中から雲の間から突然顔を出した太陽に少々焦りましたが

間に合いました、セーフ^^v

既に、カメラマンさんがチラホラ、三脚をたてて既陣取り完了のご様子でした

サンライズと蓮のコラボ、さぁ~どうやって撮るべ^^?

勘で撮りました、マニュアルを駆使している間にサンライズ上がりきっちゃうもんね

2、三枚、場所を換えて撮ってみた

通りすがりに三脚のカメラマンさんの大きなカメラ画像をチラリズム拝見^^v

どんな風に撮ってみえるのか気になったもの^^;

あ!同じだ~アングルこそ違うけど真黒だナ、これでいいんだぁ~って納得^^v

ささ、もう一度良いアングルを探してみましょ^^。





残りはデジブックにしました、最後に添付です



さてさて、ちょっと長くなりますが

先日のお母ちゃんの企み、その②のことを記しておきます

やはり団子兄弟①、②、③の視点から書くといたしましょう



団子③の僕はお隣のおばあちゃん家で預けられていました

団子①のお兄ちゃんが歯医者、矯正に通っているので僕はおばあちゃんとお留守番でした

おばあちゃん家はオール木造建築なので涼しくて僕はすぐ眠りに落ちてゆきました

お母ちゃんたちが歯医者さんから帰ってきたみたいだったけど

僕は居心地が良いのでもう少し寝ていることにしたんだよ

それに、今日は、ばぁばがやってくるらしい、となるとおちおち寝ていられなんだ

兄ちゃんたちも騒ぐしね^^。

僕の顔をみればどうせ抱き上げて離さないばぁばだしね

最初は僕も精一杯愛嬌をふりまいているんだけど

ばぁばの胸の心音はお母ちゃんの心音と少し違うみたいで

どうも僕にとっては居心地が悪いんだぁ

何だかリズムが悪い・・・^^;

そんなばぁばの誕生日のお祝いにお母ちゃんはケーキを頼んでおいたんだよ

いつもばぁばが兄ちゃんたちのバースデーケーキを頼んでくれる、ばぁばの同級生のケーキ屋さんなんだ^^。

因みに、いぜんは似顔絵を描いていけばそれをコピーしたようにケーキ屋さんがデコってくれたんだよね

驚いたことに、お母ちゃんは兄ちゃんの3歳くらいのデコ板を冷凍保存してまだ持っていたんだよ

それがこれなんだ、原画を書描いたのは勿論ばぁばだな^^。




で、今回はさらに進化して、写真を持っていけば、そのままコピーして板デコにしちゃうんだって

それがこれなんだな^^♪

映っているのは、ばぁばと兄ちゃんの赤ちゃんの時のものだよ~^^。

あれ?ということはこの写真は何年前になるの~^^?

そう言えば、ばぁば若く写ってるなぁ~

赤ちゃんの兄ちゃんを抱っこしている時と言えばもう10年も前になるぞ~

一昔前ってことだよ、きゃきゃきゃっ! 年齢詐称だな~^^♪




もうね時効だから話すけど・・・^^♪

実は、ケーキ屋からmakoばぁに電話があったんだって

お母ちゃんがケーキを頼みに行った時のことに遡るんだけど

写真をみたケーキ屋が、あれ?、これmakoじゃないか?!

って思ったんだって~^^。

だから、紫陽花公園にカメラ散策に行ってる最中にケーキ屋から一方が入ってきたんだよね

しかも、電話があったことは内緒にして、知らなかったことにしておいてと念を押された^^;

で、蟹の華に行った時に、バレタと感じとっていたお母ちゃんがバァバに聞いていたけど

ばぁばはケーキ屋との約束を守る為にとぼけていたんだよね

ケーキ屋に限らず、ばぁばたち「愉快な仲間」は嫌に結束が固いからね^^v



こうして年齢詐称バースデーケーキはめでたくmakoばぁばのお口に納まった訳で^^v

しか~し、話はこれで終らないんだな、続編があるんだ~

だって兄ちゃんの②と①の視点がまだ書いてないもんね

続きます・・・引っ張るよね~^^♪



[PR]
# by kondoumako | 2014-07-03 09:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

お母ちゃんの企て

おきてがみ

先日の誕生日には皆様のお祝いの言葉を頂きましてありがとうございました

また入選100句のお祝いのお言葉も頂戴して嬉しゅうございました

当日の夕方にお恵姐さんからのお祝いの電話が入りました

彼女は四月に早々の誕生日をお迎えあそばしていらしたのですが

makoが追いついてきたことに「おめでとう~」でした

それはそれは嬉しそうなお声でございました^^。

彼女は時々毒舌を吐きます

「髪、寝癖がついてるよ」 

「寝癖?」

「ブローしたんですけど~」

ま、こんなもんですナ^^♪



さてさてその前日に娘からこんなメールが入っていました

「明日、時間ある?10時頃に来て欲しいんだけど」

翌朝、孫見たさにいそいそと出かけて行くと草々と車に乗せられた

カメラはNGと言うからコンデジだけをバックの中に忍ばせた^^v

途中、蓮畑を通りかかったので花の付き具合をチェックする

2、3ケは確認できたが、逸る心は隠せない^^♪

因みに娘は花に対する興味は皆無である^^;



画像は昨年のもの





着いたのはここでした






ここからは、団子③の視点から書いてみます^^。



「蟹の華」にばぁばとお母ちゃんが着くと

お母ちゃんは小さな毛布を取り出し、僕はそこにごろんと寝かされた






僕はお母ちゃんの顔さえ見えていればご機嫌なので静かにしていた^^v

着物を着た綺麗なお姉さんがお料理を運んできたのでバァバは早速カメラを取り出した

「最近、コンデジ触っていないから上手く撮れるかな~」なんて言いながらカシャカシャやっている

お母ちゃんは「やれやれ」って顔してる

「早く食べなよ~晴翔が泣かないうちに~」ってお母ちゃんが言うので

「ハイハイ」ってばぁばが食べ始めた

「今日は誕生日やでね、ランチ一緒にしたかったの」ってお母ちゃんが言った





「・・・・・」

突然、バァバがおしぼりを顔に当て始めた

「バァバ、それお手拭きだよ、顔拭いたらオヤジになっちゃうよ」

ありゃりゃ、今度はお鼻に持っていっちゃった、お願いだから鼻はかまないでよ!



バァバは僕が生まれるず~っと前のことを思い出していたらしい

僕が知らないことなので困っちゃうなぁ~^^;

「バァバ、泣いてちゃだめでしょ、僕だって泣いてないでしょ、早く食べないと僕がぐずりんぼうになるよ!」

バァバは気を取り直したように全てをたいらげた、その早いこと~^^。

「早いね、もう食べたの?」っお母ちゃんが言う

バァバは僕が泣きだしたら抱っこして、お母ちゃんがゆっくり食べられるように、と思ったらしい

大丈夫、僕は心得ているよ~^^v



バァバはこれが一番美味しいと思ったらしい






お母ちゃんは鬼饅頭が好きらしい~♪

何しろ芋女だもんね、お母ちゃんは^^。

あ、お母ちゃんの名誉の為に言っておきますけど

お母ちゃんはバァバよりも更にお目目がパチクリで

子供の僕が言うのも何だけど、僕自慢のお母ちゃんなんだ、念の為~^^v





こうして、ばぁばとのランチは滞りなく終りましたとさ^^。

この日は、兄ちゃんたちが学校や保育園に行ってたので僕たち3人だったけど

お母ちゃんは28日にもうちに来てと約束をしていました

どうやら、まだ何やら企てているらしい~^^♪

[PR]
# by kondoumako | 2014-07-01 08:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

句意その②そして蓮畑

おきてがみ





先日、蟹の華に連れて行って貰った時に立田村の蓮畑の横を通りました

花はまだ2,3個ほどの程度でしたが既にやぐらが組まれていてそこから全景を見渡せるようになっています

来月の中旬くらいに見頃になるんでしょうか、昨年とは違った撮り方をしたいと構想を練るのも楽しみです^^♪

上記の画像のイスはあちこちに散らばっていたものをmakoが並べて撮ってみたものです

パラソルがあればそこで道の駅で買った美味しいパンや食品をいただけるんですが

ゴミのマナーの問題が発生するのでしょうね^^。



また、可愛い生き物たちにも逢えることを楽しみにしています

またもや両生類や昆虫の苦手な方、ごめんんさいね^^;

あ、そうそう、昨年、makoをモデルに撮ってくださった御年90才の方

お元気でしょうか、お目にかかれるかも知れませんね











さてさて、入選句の2句目の句意について触れておきますね

山間の谷間で育った私は春が楽しみでした、山菜採りに出かけるのです

山ユリなど山でしか見られない花にも出会えるのが楽しみでした

それらの花の名前は父から教わりました

蕨を採るには大きな風呂敷を持って出かけるのです

4隅の角を2ヶ所ずつ結び合わせれば立派な袋になります

そこに採った蕨を入れていけば重みで自ずと袋状になってきます

細い蕨は採らないようにすることは勿論のこと、太くても根元からは採らないようにしました

或る日、面白いほど採れたことがありました

笹竹が整列するように生えている所に父が立って

「ここはようけあるぞ~」って父が言うのですがmakoにはちっとも判りません

父の様子を観ていると、しゃがんで竹の生えている所に目をやっていました

私も真似してじーっと観ると、細い笹竹の間に紛れて蕨が生えているのです

見分け方は蕨の先端がくるくると巻いていることでした

笹竹の幹と蕨の幹はそっくりですから蕨と判断出来た時は嬉しくて

「あった~!ここにもここにもあるっ!」って夢中で採りました

帰り道ではイタドリも採ってきました

春の山にはタラの芽、これは父しか採れませんが、山菜が一杯でした

回想句になります

「春の山風呂敷持って出かけたり    まこ」

以上、入選句に付いて書きました

尚、今、作成中の句集にも似たような句意を書いています

ブログに書いていることよりかなり簡素化する必要がありますが

限られた文字数の中で編集するのは理に叶ったもので楽しいですね^^♪

[PR]
# by kondoumako | 2014-06-30 00:41 | その他 | Trackback | Comments(0)

入選句の句意とライダーと毛虫

おきてがみ




いきなりごめんなさい、虫が嫌いな方はスルーしてくださいね^^;

キャーって悲鳴が聞こえてきそう^^!

かく言う私だって一度は後ずさりしたものの、その造形美に思わずファインダー越しに覗いていました

勿論、望遠ですよ^^v

観かけによらずお肌がデリケートな私はかぶれやすい体質で

かぶれの木の側を通っただけでもNGなんです

なので、こんな毛虫に触れでもしたらドクターに診てもらわないといけないほど大変なことになります





出会ったのはこの橋の下に降りて行った時のことでした

ここは竜ヶ岳への登山のPがあるところです







ここへ来るまでの道中に紫陽花が咲いているところがあって

それが目当てでしたがすっかり株は刈り取られていました

それでも山紫陽花がひっそりと咲いていました

私は大きくふっくらと咲くのも好きですが日陰にひっそりと咲く花も風情があって良いと思います









ここを上ってくると時に悠々とmako足元を横断してしてゆくのがこの毛虫さんでした

この毛虫さん、きっと猛毒があるんでしょうね、どんな蝶になるんでしょう^^♪

知らずに踏まなくて良かったなと胸を撫でおろしました



さてさて

入選100句の最後の句となった2句の句意のことにですが

秀逸の句から書きたいと思います




この句は、高校の卒業時の回想句です

倶楽部活動では書道部に属していましたが選択授業でも書道を専攻していました

倶楽部活動では自分の筆や硯石を使っていましたが選択授業は学校のものを皆が使っていました

授業が終わると硯石を洗って返すことになっていました

卒業を控えて最後の授業の時に硯石の隅まで綺麗に洗うのは当然のこと

裏もひっくり返して丁寧に洗ったのです

ただそれだけのことですが、裏も磨いたことを書いて佳句になったものだと思いますね



私は今も昔も何の取り柄もないんですが筆を握ると人格が変わる・・^^v

大筆を持たせばダイナミックな筆使い

小筆を持てば流れるようなかな文字も書いてしまう

そのギャップの差が面白いなと自他共に認めていました

文化祭に出展した高野切第三種を書いた屏風をご覧になられた華道の先生が

びっくりされて誉めていただいたことを思いだしますね

そらそうだ、華道を習っていたのはついでに習うことができたお茶の時の生菓子がお目当て^^v

お花を生ける時だって皆はどの枝を落とすか随分悩んでいるのに

makoに悩むの文字は無し^^v

さっさと要らない枝は切り落とす・・・^^;



そんな思い出もありますが

思い入れのある自分にとって興味のある事柄は比較的丁寧に行動を起こせるmakoなのでした

[PR]
# by kondoumako | 2014-06-28 09:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

入選100句達成^^v

おきてがみ









本日、入選100句達成と相成りました~^^v

各駅停車のもたもた運転の俳句人生

熱しやすく冷めやすいmakoがここまで続けてこられたのは

やはり17文字が好きだから^^v



その入選句はと言うと2句もありました、なので、本日を持ちまして100句に達しました

1句は秀逸で採っていただきました~^^v

句意に付いてはまた後日談で^^。

昨日、愛しの彼らに誕生日を祝って貰いましたので

彼らの目線でそのことも書いてみたいし

あれもこれもと書く作業がメジロ押しになってきました^^♪

これで句集編集も一気に拍車をかけなければ~^^v

今回も

どなたにでも解り得る平明な語彙でもって書いていますので

皆様でいくらかその景を想像してみてくださったらうれすぃ~でございます^^。

[PR]
# by kondoumako | 2014-06-26 09:41 | 俳句 | Trackback | Comments(0)

モノクロームの練習そしてデジブック

おきてがみ









ブルーな気分








何を隠しましょう

今日は、makoがこの世に生を受けてから〇〇回目の誕生日を迎えました^^v

母の胎内にいた時から数えれば更にプラス1歳になるんですよね^^;

この歳になると嬉しさよりも「ワビサビ」=「侘しい」の心境ですナ^^。

しかし、勿体ないことを言ってはいけません

若くして逝った母のことを思えば

大方は2倍も生きさせてもらったことになります

吾が誕生日・・・・・・・

母に想いを寄せる日を迎えられたことに感謝して

今日も無事過ごせますように・・・・・・^^。



昨日、街を散策して、デジブックにしてみました

思わず撮らせていただいたのは、こちらです

あぁ、憧れのBM^^♪

ありがとうございました~^^。





[PR]
# by kondoumako | 2014-06-25 10:21 | その他 | Trackback | Comments(0)

KIKI

おきてがみ

熟女四人旅のメンバーで久しぶりの会食となりました

フレンチのランチです

先ず、これ、おしぼりが載っていたのですが

目ざとく、makoの目に留まりました^^。

だってね、にゃんなのですもの^^♪







しまった~makoにゃんとのコラボにするの忘れていました^^♪




シェフが説明してくださいました




野菜のムースですね、左から人参、2番目がなんちゃらかんちゃら豆

・・・ごめんなさい、説明してくださったのに、mako聞いたのが初めての豆でして^^。

そして、真ん中がコーン、その隣が枝豆、最後がトマト

真ん中のコーンが甘くて美味しいと思いました^^。



海老しんじょうのお吸い物、スダチ添え



そしてアートの世界に突入^^。

目で楽しませていただきました^^♪










こちらは普通にお茶でございますが器が可愛かったので~^^♪




メインは牛煮込みをパイ生地で包んだ物です

中のお肉は・・・う~ん、もう少しジューシーな方がいいかな~

パイ生地に包むには肉汁が多いのも無理かなとは思うのですが

外がパイですから、お肉はもうほんの少しだけでいいのでジューシーさが欲しいと思いました

キッシュのように型に入れて作るものだったらそれも可能かもしれませんね^^。

でもね、お味はとても良いものでしたし、何てたって、兎に角、芸が細かい^^♪

ミニトマトの上にのっかているのがマカロンなんですよね、一見何かのムースのように見えますが

確かにお菓子のマカロンでした^^♪

ミニトマトの中に何か詰め物がしてありましたが・・・忘れました^^; 




ホントに、芸が細かいと言うのでしょうか、アートですよね^^♪

あ、mako、当たり前のようにカメラ出していましたが良かったのかしらん^^。

 



器は4人とも少しずつ違うようです、オーナーシェフ姉妹さんたちの1点もの手作りだそうです

で、次に来店した時には、同じ器で出さないようにしていらっしゃるようです

なので、メモってあるそうで、心遣いですよね^^。

で、これが出てきた時は何のお団子かしらん^^?って思いました





こうなりました~^^。

菜漬けのボールの中には昆布の佃煮と魚の煮たもの・・何の魚か忘れましたが

美味しいですよ~^^v







こちらはワインのシャーベット




最後の、ドリンクはmakoはホットティーで皆さんはアイスティーとホットとアイスコーヒーでした

まぁ~この器の可愛いこと~^^♪

誰も手を付けなくて観ているだけでした ^^。





可愛いお嬢さんお二人でお店をきりもりしてらして、一生懸命さが伝わってくるお料理でした



『竜宮でいただくやうな夏料理    角川平成俳壇 西村和子選 秀逸』

makoの入選句にあります



「良かったね~俳句に使えるね」ってお恵姐さんが言うのでした

・・・が、この句の場合は「竜宮城のようなところでいただきました、夏料理を」って言う句なので

夏料理そのものを詠んだ句ではなく、せっかくですがこちらの画像は使えないのですよ^^。

万が一使わせていただけるとしても、句そのもとは付き過ぎになる訳で~

竜宮の雰囲気はやはり川喜多さんかな~^^v

部屋の雰囲気からお料理そのもを読者に想像していただくのがmakoの狙いです^^♪

付かず離れずの画像を使いたいと思っています^^♪

既に、川喜多さんのお部屋の画像を使わせていただくように許可を頂いていますしね^^v

因みに、夏料理とは「見た目にも涼しく、味のさっぱりした夏向きの料理のこと」って歳時記にありました

『 運ばるる氷の音の夏料理      長谷川 櫂 』

『 大皿を廻し廻して夏料理       星野 椿 』

『 川甚に来れば雨やむ夏料理     村山古郷  』  などの句が挙げられています



どれも手を抜かない一生懸命さが伝わってくるお料理でした

J子姉さん、素敵な所ご存じですね^^v

オーナーシェフのお父様がやはり料理人でいらして

makoはTVで拝見したことがありますが、あの時一緒に出ていらしたお嬢さんは

オーナーシェフさんの妹さんだそうです

ご家族揃って料理人さんでいらっしゃいます^^。



昨年の秋以来の四人熟女旅の会食でしたから

当然、旅の話になりました

どうやらこの秋に京都に決まりそうです^^♪

楽しみ~^^♪

[PR]
# by kondoumako | 2014-06-23 10:32 | その他 | Trackback | Comments(0)

・・・・・・にゃん

おきてがみ






















映画を観た帰りに陶器屋の織部さんによってみました

またしてもmakoの勘が当たりました

北天使さんのブログに登場するマスコットが可愛くって

私もお伴に連れてゆくのに、にゃん吉?にゃん子?

それも三毛にゃんが欲しい~と思っていたのでした

この子は和紙で出来ています

早速、紫陽花公園に行ってきました




ところで、この子の名前

makoニャンとか、イケ面好きのmakoだからイケニャン、とか~

もっか思案中です

ハハ、呑気だね~^^v

[PR]
# by kondoumako | 2014-06-18 12:40 | その他 | Trackback | Comments(0)

映画「春を背負って」そしてORIBEの猫ちゃん

今日は、映画を観てきました

月曜日は女性割引デーなのです

今、巷では「アナと雪の女王」がロングヒットになっているようですが

私が観たかったのは





学生時代の趣味は映画でしたからマイフェアレディーやローマの休日などもっぱらミュージカルもので

殆どがオードリーばかりでしたがジョージチャキリスのウエストサイドストーリーなども観ていました

友達の影響ですけどね、彼女は語学力を磨くためのようでした

パンフレットもその都度集めていましたので、今回も久しぶりにパンフを買ってきました

何故かって言うと、表紙にあるような風景をみてこれは絶対買うしかないでしょと思ったのです

山小屋に連邦の雪とくれば・・登山のことが・・頭をよぎる^^。

私の登山歴など無いに等しいのものですが、それに、もうドクターストップがかかってしまった

今となってはこの映画こそがmakoの観たかったものだと直感しました^^v

立山連峰の雄大な山々と四季折々の山野草や紅葉とロケーションは申し分のないものでした

そして、切り立った岩場のアングルには鳥肌がたちました

家に帰ってパンフレットの中で知ったのですが木村大作監督は元キャメラマンだったそうです

私がこの映画の映像に惹かれるのもまんざらでもないと嬉しくなりました^^v

サンセット、サンライズの映像も目に焼き付いています

ストーリーは笹本稜平さんだそうで原作は読んでいませんが

大自然の中で発せられる一言一言が重みを持って心の中に入ってきました

実は館内に入る前にキャラメルポップコーンとアイスコーヒーを買っていたのですが

一たび上映が始まったら摘まんでいるどころではなくなりました

CMの時には大音量に紛れてほおばっていたのですがネ・・・^^; 

とてもそんな雰囲気ではなくなりました、ハンカチの出番が多くなったからです^^。

なので、残して帰ってきましたが車中では思わず手が伸びてしまいました

うふふ、makoは気持ちの切り替えが早いのです^^v

それでもこれだけ残ってしまったのですが、これ、めっちゃくちゃ美味しいですよ

今度は映画を観なくてもこれだけ買ってこようっと^^;




それから、映画の中ではかの有名な芭蕉さんの句も台詞に使われていました

5・7・5のリズムだったのですぐ俳句だ!って判りましたが、もう忘れました^^; 

他にも市毛良枝さんが立山の中に立って短歌を詠むシーンがあって

素敵な画像あり、俳句や短歌ありと、2倍も3倍も得した映画鑑賞になりました

人は、大自然の中に立てば自ずとポエムが出てくるものなのだということが解りますね

何の予備知識もなくこの映画を観たい!って思ったmakoの勘を褒めてやりたいと思います^^v



あ、それからね、ポップコーンの横に斜に構えた猫ちゃんがいるでしょ^^

これ、ORIBEさん、そう陶器屋さんの織部さんで見つけました

この子がこれからmakoの散策の時のお伴に加わることになりました

「北天使」さんがオリジナルのトン子とトン吉なるお伴を連れていらっしゃるのを観て

makoもお伴を登場させたいと思ったのですが、センスも無いし、不器用だし・・^^v

ということでこの子を観た時、連れて帰ろうと思ったのでした^^♪

こうして、今日も充実した日となりました

これらのことがやがて5・7・5のリズムの中に活かされたらとほくそ笑んでいるmakoなのでした

あ、それから、「蒼井 優」さんは特別美人な女優さんではないのに何で惹かれるんでしょう

それは大きな口を開けて笑うところ、殆ど自然体で笑っていましたね

泣くより笑う演技の方が難しいらしいですけど益々今後の活躍を期待できますね

[PR]
# by kondoumako | 2014-06-16 17:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

美人な案山子




                      











この花は「泰山木の花」です

「朴の花」が咲いていますよって散歩の方が得意に指さしていらしたのですが

敢えて、否定はせずにいました

確かに花は似ていますが葉っぱが違いますね


あれれ、気が付いたら3か所も蚊に大切な血液をあげてしまいました^^;

不味かったでしょうに、ドロドロでしょうに、お気の毒なことでございましたね

それにしても蚊に刺されるなんて何年ぶりかも知れないのです^^。

今頃は、下剤代わりの雨水でも飲んでいるのかも知れません

ごめんあそあせ^^v




あ、忘れるところでした、本題の超美人の案山子さん

なかなかお洒落な感じだったので車を降りて撮りにいきました^^;





ほらね、スカーフなんかしちゃってるでしょ^^。

う~ん、帽子がねぇ・・・麦藁帽子だからして

makoならパナバ帽なんか被せちゃうかな

それにしても案山子の主さんのセンスがいいなぁ~と思うのはmakoだけかしらん^^?



[PR]
# by kondoumako | 2014-06-16 03:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

デジブック1nなばなの里

おきてがみ










































[PR]
# by kondoumako | 2014-06-11 09:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

笑えます^^♪

おきてがみ













この頃、訳もなくふっと泪がこぼれてくることがある。

昨日もそうだった、お蕎麦をいただいているときに、ふとね^^。



タラの芽の天ぷらが入っていて美味しくいただきました








ところが笑えました^^♪






← 「ここ」って書いてありますよね

ちょっと小さいので判りにくいんですけど

ほら、ソフトクリームの形した・・何ていうんだろう

ま、こちらのお蕎麦やさんにソフトアイスも売られているんで

その模型ですね?

時々、もっと大きなものが店頭に置かれてあるのをみかけます



お父さんと女の子と男の子、後からお母さんがお客さんとして入ってこられました




オーダーは入口のレジの所で先に済ませてから席に着くシステムなので

お父さんがオーダーをしにレジの所へ戻って行かれました

席に着いている女の子にふと目をやると、あろうことか、模型の

ソフトアイスを舐めていたんです、しかも、美味しそうに^^。

気付いた店員さんが苦笑いして私の方を向いておいででした







後から赤ちゃんを連れたお母さんが席に着かれてそのお嬢ちゃんに気が付いて

窘めておいででしたが、何か、笑えました^^♪

やはりmakoは病んでいるのでしょうね

訳もなく突然、泪が零れていたのに、もう笑っているんです^^。



こちらの方は大きなかっこ良いバイクでお越でしたよ




帰りに「屋根のない学校」を散策してきました



でも、屋根がありますね^^。

学校と言っても生徒さんが常時いる訳でもなく

夏休みのキャンプ場のようです











[PR]
# by kondoumako | 2014-06-05 09:43 | その他 | Trackback | Comments(0)

角川平成俳壇6月号入選句 春炬燵

おきてがみ







ごめん、makoならもうちょっと違う筆使いをするんだけどなぁ~

この書体は「正調詳南行書体」と言って

ソフトの中に組み込まれているものなんだけど

う~ん・・昔、「仮名書道」を齧ったことのあるmakoとしては気に入らない^^。

他にも色々ある中ではまあ、これかなと妥協しているのである^^。

でも、このソフトには「相撲の番付表」のような書体もあってなかなか面白いんですけどね



さてさて、お久しブリブリの入選句、何と3ヶ月ぶりでございました^^。

これで、入選100句あと残すところ、2句と相成り候^^v

それにしても藤原牡丹園でのこの画像、撮って於いてようございました^^v

と言うのはね

そう、花札をご存じの方は牡丹の花、馴染の花でありますものね

あと、萩にイノシシがいるもの、モミジに鹿、松、あやめ・・などかな

花札には「赤たん」「青たん」などと言うのがあって

短冊が描いてあってそれは特別の意味がありました

トランプで言ってみれば、クィーンかキングのような意味を持つのかな

結構強かったんですよ、今から思えば父はわざと負けてくれていたのでしょうね

何故なら、makoも孫のナンバー①と「歌留多取り」をしていてわざと何度も負けてやりましたもの



   「何度でも負けてやりたる歌留多かな  角川平成俳壇 小島 健 選」



「坊主めくり」なんていうのも記憶あるんですが、あれは百人一首でしたっけ

ちょっと混同していますが

makoが教わったのは本格的な花札で「こいこい」とか言ってました

何か、極道の世界みたいね^^v

何と小学3、4年生の頃で、この年代と言えば

普通はトランプでございますわよね~

・・・うふふ・・ちょい悪小学生でございましたの^^v



さてさて、炬燵に「春炬燵」って何ぞや?

「春炬燵」とは、「春になってもしまいかねている炬燵」のことで

「寒い地方では五月初旬まで置き炬燵や切り炬燵を用いる」

と、合本角川歳時記第三版には書かれています



私の家では「堀炬燵」でございました、それも父お手製の^^。

その頃は槇で風呂を沸かしていましたから

その熾火を炬燵の中に入れて暖を取っていました

薄い毛布が一枚掛けてあるだけのものでした

夜は皆で肩寄せ合って、makoは学校から借りてきた本を

読みふけるのが日課になっていました



時は、早春

炬燵にはもう火が入っていませんが

そこで父に「花札」で遊んで貰いました^^♪

花札って、なかなか頭を使う遊びだと記憶しています



話はまた飛びますが、養家の母はお花を育てるのが大好きな人でした

初めて私が本物の牡丹を観たのは母の育てた牡丹でした

「この花、何ていうのか知っとる?」

て聞かれた時、すぐさま、「牡丹」って答えてびっくりされました

まさか「花札」で知ったとはとても言えませんでした ^^;




以上、6月の入選句でした~^^♪

ちょっと今更ジローで、考えてみたんですが

もし、これが普通に炬燵を使ってしかも「切れ」を使ってみたらどうなるでしょう

   『 花札を父に教はる炬燵かな 』

炬燵の後ろに「切れ」の「かな」を使ったら依りいっそう季語が効いて

いたかも知れない・・などと

でも、やっぱり春炬燵の方が楽しい雰囲気は出てくるかな~

あはは~入選してからでも悩みます^^v



PS・花札を知っているだけでは「極道の世界」には入れないんですね^^。

[PR]
# by kondoumako | 2014-05-26 14:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

お・だっこ

おきてがみ







電線が邪魔になったけどどうしてもこの角度しか撮れなった

場所の良い所に移動している間に暮れてしまんです

あらやだ、何か白い点が写ってる、カメラに付着してたか^^?

スーパーの帰りに見つけた夕焼けでした





朝食はシンプルにハムとレタスをサンドして、ハムの塩味だけでマヨネーズも要りませんね

チーズのはそのままいただきました、めっちゃ美味しい^^!

因みにジャムはお手製、下手な甘いお菓子を食べるよりいいかなと^^。

ケーキもいいけどクロワッサン、絶品だね!

今度はこれだけを買いに行こう!




さてさて、孫チャマに逢いに行ってきました

先回失敗した五目ご飯も成功したしね^^v

但し、そのお味は先回の失敗作の方が良かったかな~



逸る心を抑えて行くといきなり

「ちょっと抱っこして!」「今からご飯食べるから」

「うんうん、これ食べなよ」

「それは、夕飯に皆で食べるから」

ありゃりゃ、カップラーメンで済ましている

ダメじゃん、そんなんじゃ~



ナンバー③は5ヶ月になって、流石に腕が疲れる

嬉しいけど、疲れる^^;

写真撮りまくり~

ナンバー②が保育園から帰って来ていたので

遊んで貰った、そして似顔絵、およそ5秒で出来上がり!

でも、額に入れようと思っているのでまだ載せられません^^。



ナンバー③はお母ちゃんの膝の上ですやすやオネムに入った

暫くしてベッドに寝かすと、すかさずナンバー②がこう言った

「おかあちゃん、お抱っこして~♪」

ん?

おだっこ~?

やれやれ、おかあちゃんは息つく暇もない^^。

特等席をGETしたナンバー②でした

ふふふ~あの得意そうな満足そうな顔ときたらね

そらそうだ、だってついこの間までは末っ子で甘ちゃんしてたんだもね

無理もないわな~v^^v



もうそろそろナンバー①が下校してくる時間

でも、算盤熟を済ませたら、友達が2、3人遊びに来ると言う

あ~だめだ、makoばぁは、すたこらさっさと退散してきました



まだ、腕がだるい・・・^^♪

[PR]
# by kondoumako | 2014-05-23 08:52 | その他 | Trackback | Comments(0)

綺麗なもの三日で飽きる

おきてがみ








薔薇園に三度も通って堪能したmakoでした

しか~し

振り返ってみると

どれも

植物図鑑みたい^^。



う~ん、まだまだだわ^^;









ダム湖の周辺を散策してみた

今まで気が付かなかったけど小判草がザクザク




風でなかなか上手く納めることが出来ない

逆に、動きがあるものを目にした時は作句のチャンス^^♪

閃いた!



昨夜の句会では先生の〇をいただいた

今まで小判草を何度も詠んできたけど初めての〇 ^^v

投句用にキープだからここでは書けないけど^^。

駄句にはこんなのがある 

「小判草金庫要るごとザクザクと 駄句まこ 」

前にも書いたっけ^^;



ダム湖の畔を抜ければ風を通さない樹木の径

「しーんとして物音ひとつしない」

って言うけど

その「しーん」というのが音としてあるって想うのはmakoだけかな~^^v





新緑が眩しい











木下闇=夏の季語







今朝は左腕がだるいな~

その訳は・・昨日、孫チャマを抱いてきたから~^^♪

そして今私の目の前には私の似顔絵がある

この似顔絵にはピカソも真っ青だね^^v

続きは、また明日~♪

[PR]
# by kondoumako | 2014-05-22 11:56 | その他 | Trackback | Comments(0)

パティスリー・ジェ・ニノ

おきてがみ



昨日はダム湖周辺を散策してきました

その前にちょっと立ち寄ったのが運のつき

誘惑されてしましました

そう簡単には誘惑されないのがmakoなんですが^^;










右のグリーン色のはショコラアラマント、ミント&チョコ味でミントがムースになっています^^♪

手前のホワイトチョコののっかているのがマイアーレモン、蜜柑とレモンを掛け合わせた果物のジャム入り^^♪

そのジュースもありました

赤いマカロンののったものがマドモアゼル、フランボアーズ&ジュレ入り

その向こうのがムッシュ、ナッツのジュレ入り

最後はフレジエ、苺のショートタイプ

makoの一番美味しく感じたのは最後にいただいた苺のショートタイプ

何か、最後にとっても優しい香り、お花の香りがフッと抜けたんですよね

それで、スッタフの方に聞いてみたんです

「最後に何かとっても懐かしい優しい香りがしたんですが私の勘違いかしらん?」

「あ!気付かれましたか、流石ですね」

「オレンジのフラワーオイルがスポンジに使ってあるんですよ」^^。




このように美味しくいただいてしまいました^^v

実は、句集に向けての画像に、たまには食物を入れたいと思ってね

季語は「夏料理」^^♪

あ、でも、まだ、他にも欲しいと思う画像があって

そこに取材に行こうと思っているところです^^;

あはは~取材なんて大袈裟な、しかも単なる食べ歩きだし ^^;



あ、そうそう、クロワッサンが焼きたてで店頭に並びましたから

キープして於いていただいて帰りに寄りました

帰ってから我慢できなくて食べたのが餡&チョコが入っているもので

ミスマッチと思うでしょうがこれがまた美味しいと思いました

なんせ生地そのもが美味しいですものね

残りは今朝の朝食でいただきましたよ

プレーンなものにはレタス&ハムをサンドして

チーズ味はちょっとだけトースターで温める程度にしていただきました

makoもかつては子供たちの為にせっせとパンを焼いていたことがあって

クロワッサンは生地を何層にも折らなければならないので結構体力を使います

厨房を観ると体格の良い男女さんが忙しく働いてみえました^^v














さ~てと

今日は雨だね~

そろそろ愛しの彼たちに逢いたくなったので予定してたけどね

ナンバー②の好きな苺も買っちゃったけど迷ってるんだな~^^。

[PR]
# by kondoumako | 2014-05-21 04:25 | その他 | Trackback | Comments(0)

立って受けるオペ

おきてがみ







以前に、タレントの松岡キッコさんが両足の静脈手術を受けていらしたのを目にして

何気に私も観ると、松岡さんのような酷さは無いにしろ在りました。

左のひざの裏辺りに。

血管が膨らんでミミズ腫れのようになって盛り上がっている状態です。

松岡さんの場合は知っていて放置して悪化したとのことでした。

私は痛くも痒くもないんですが進行して行って松岡さんのようになる前にと

現在かかっているドクターに診ていただいたらオペしときましょうってことになりました。

とても信頼している先生なので安心して受けることができました。

オペ室に入るのかと思いきや外来診察室のベッドで、しかも立って受けました。

まな板の鯉ならぬ、立ったまんまのぼっちゃり白豚・・になりました^^。

棒に掴まっていました。

気分が悪くなったら言ってね、看護師さんがおっしゃいました。

それでも、身をよじり、振り返って一部始終を観ていました。

「針を挿しますからね~チクってしますよ~」

「え~っ?麻酔無しですか?」

「麻酔の針の方がもっと痛いけど、打ってあげよか?」

そんな珍問答している間に次ぎ次ぎと3本の注射針が刺されて薬が注入されました。

その後は包帯で圧を掛けていただき完了しました

簡単な手術って言ってもね緊張しますよね~^^;




先生は、歩いた方が良いですよっておっしゃるのでカメラを用意して行ってました^^v

ま、行くとしたら、ダム湖周辺だなと決めていました。








眩しいくらいの新緑と若葉風

「球児らの声乗せて来し若葉風   駄句 まこ」

近くに高校があり、クラブ活動でしょうか

時折風に乗って元気な声が聞こえていました

また、ボートの小屋には生徒さんらしき人たちが集まっていました





何か面白いものはないかと散策していると



目の前をスーッと何かが動いた!

毛虫?尺取りのような動きをしている

風まかせに浮遊しているのを何とか撮ろうとしていると

ランニングの男の人が何をしているのかというように観ていかれた

そらそうだ、その人からすれば何も見えていないのだと思う^^;



「ぶら下がり風に揺れたる毛虫かな  駄句 まこ」



またこんなものも




これはきっと蛙の玉子かな~と思うのですが違うかな~



そんなこんなで程よいウォーキングを済ましてきましたが

傾斜の低い坂道でも速足で歩くと肩で息をしていることが自覚できるので

やはりトレッキングもダメかな~と、計画していたことも断念せざる負えないと思いました

それでも気持ちの良いリハビリ散歩になったのでした。





[PR]
# by kondoumako | 2014-05-19 14:36 | その他 | Trackback | Comments(0)

薔薇園3回目の散策

おきてがみ









薔薇園へ懲りずに3度も通いました^^

薔薇ばかりに焦点を充てるのではなく

空などの高い所を入れることによって

園の全様が見えてくるようにしました

雲の流れを待ちます^^v

綿菓子のような淡い感じの雲が良い感じに出てきました

「ノンちゃん雲に乗る」・・ってどなたかの小説でしたっけ

まさに、ノンちゃんが乗っているのではないかと^^♪



また

前回は深みのある色を意識しましたが

今回は柔らかい光と影を表現するような感じに撮りました


















薔薇に限らず、こんな撮り方をもっと研究したいと思った次第です

あ、そうそう、今日は中京TVの撮影隊が来ていました

あとは、デジブックにしますのでお楽しみにね~



結局の薬局で、夜中に作ってしまいした~

画像整理してたら、忘れないうちにね^^v



[PR]
# by kondoumako | 2014-05-17 05:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

薔薇園

おきてがみ







昨日の薔薇園はスッタフの人によると5、6咲というところでした

午後からは雨ということで湿った風が吹いて

シャッターチャンスを待つことしばしば^^;

それでも




先回よりボリュームUPしていました

あとはデジブックに纏めますので暫くお待ちくださいね~^^。

でも、薔薇は咲き始めが美しいと思うので

makoは咲き始めを撮るのが基本です

また、私の場合は大体が余白が多いのでね




その訳は、今、作成中の「句集」に向けての画像を意識しているからです~^^v

ま、コンデジ時代からそういうことやってきましたからね

すると、こうなります~^^v




画像はズバリそのものを使いません、時には使いますけどね^^

例えば、指輪って何を貰ったの?

どんな色?

このバラの色からすると赤い宝石・・ルビーかな~ガーネットかな~

そう、読み手に色々想像して貰うのを楽しんでいる訳です

病院で指輪を貰うってどんなシチュエーション?

女性ならそんなことを考えるのでしょうかね~

俳句は短歌のように全部言わない代わりに読み手に想像して貰う

つまり余白を残す、それが基本だからです

そして、句集作成段階で「句意」解説の中でその全容を明かす訳です

楽しいですよ~

元々、書くのは好きですからね

そして、それを待っていてくれる人がいるからよけいに励みになりますね



あ、念の為にですが、本当に病室で指輪貰ったんですよ

石はルビーです・・・あはは~今はちょっときついかな~

台は18金





値段は多分¥19、800くらいだけど大切な思い出なのでネ^^

オモチャみたいね、でも嬉しかったよ

そのシツエーションがね~^^♪

これが、台がプラチナで石がもっと大きいものだったら

足し込んでサイズUPするんだけどな~

あ、念の為にですが、この他にダイヤ、パールなどのネックレス、リングも持ってる訳で^^

私は基本、ダイヤ、サファイア、ルビー、エメ(エメラルド)、キャッツが宝石で

それ以外はただの石としか思っていません

ですが、どこで、誰に、どのシツエーションで貰ったかで価値が変わってくると思っています

その人にとってどんな価値があるかはその人が決めることですものね~



ウフッ、横道それましたが、私のカメラ散策はまだまだ続きます~

そして、メインの俳句、その句集、只今24ページになりました

100句入選まであと3句、入選が追いつくのか

はたまた句集が出来上がるのか

あ~あ、まだまだ忙しい日々が続きます~^^v

[PR]
# by kondoumako | 2014-05-15 11:22 | | Trackback | Comments(0)

にくらしい・・・

おきてがみ








バスジャックが宮崎であったそうですが

乗客の皆さんに怪我がなくて良かったですね

それにしても凶器が文房具の鋏で良かった~^^



以前に聞いた話

コンビニに押し入った強盗がカッターナイフで

しかも、「金を出せ」と言った時に、自分の方に

カッターナイフを向けていたとのこと^^;

緊張していたんでしょうね~^^



さてさて

今日のお天気はAMは晴れPMは雨

う~ん、午前中、「なばな」へでかけるかな~

雨で花が散らされる前・・との思案から目覚めた今朝の私

はは、呑気だね~



追伸、さっきお恵姐さんと話が煮えた^^



で、話は変わりますが

ブロ友さんに教えて貰って取り寄せたものが届いているのですが

何かと忙しくてなかなか調理してる間もないのです^^;

生姜焼き風に仕上げると美味しいそうです

あ~腕が鳴る~ ん?



[PR]
# by kondoumako | 2014-05-14 08:18 | その他 | Trackback | Comments(0)

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る