<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ブルーベリー狩りの帰りに・・

今年のブルーベリーはバケツに半分程、丁度¥1,000だった。

8:00~の開園に合わせて馳せたのに何か意外と渋滞してたし。

昨年は早くに並んで説明も聞いてから入園したけど

時既に遅し、到着したのは8:30を過ぎていた。

それでも、人の採った後でも結構大きなものを摘んだ。

その秘訣はしゃがみこんで木を見上げるようにすること。

また、畑の下に降りてみて木全体を見上げるようにすれば

意外と採り残しが見えてきたりする。

でも、昨年に比べると少ないので一時間もすれば飽きてきた。

汗も噴き出してきた^^;

ハイネックの長袖Tシャツに朝顔の柄の手ぬぐいを首に巻き付けて正解。

それでも紫外線に弱いので痒くなってきた。



梅ジュースいただきましょっと^^v




うふふ、お替わりしても良いとおっしゃるから、お言葉に甘えてもう一杯^^♪

帰り道で撮った写真にはさっきまでベリーを摘んでいた畑の全容が現になった。




人影はもはやない。

梅ジュースでほっと一息なんでしょうね^^。



で、帰りに、角川の俳句締め切りのハガキを出すために郵便局に立ち寄ろうとして目が点になった。

赤い郵便車の軽ワゴン?が丁度出てゆくところだった。

でも、そのドアが開きっぱなしで !!

中には青い箱が見えていてドライバーは女性。

ポストに投函する積りが気が付いたら局の中に飛び込んでいた。

「あのぉ・・今、さっき出て行かれたドライバーさんの車のドアが開いたままだったんですが・・」

「おせっかいかも知れませんが、ナンバーは○○○○です」

すると窓口の女性が「ありがとうございます、早速、連絡します」

奥の方から男性の声で「ありがとうございます!!」

あはは~この暑さで、ドアを閉めるのを何か他のことをしていてお忘れになったのでしょうね^^;

解ります^^;



それから道の駅化した、JAに寄りお墓の花を買った。

「アスター」という花で、紺やピンク、白など、菊にも似た花。

母が好んでよく作っていた花だった。

それだけを四束買って、二束づつ、挿したら、結構なボリュームになった。

そして、手を合わせてきました「今年一杯は迎えに来ないでね」と^^v

来年のことは言えませんからね。

もっと言えば、明日のことだって判りませんけどね^^。



で、帰ってからエアコンを効かせて昼寝をしてから夜の蝶、

あ、いえ、蛾になって、ちょこっとお仕事してきました。

帰りには満月が綺麗でした。

夏の月背にして仕事果てにけり 駄句mako

[PR]
by kondoumako | 2015-07-31 07:20

角川平成俳壇8月号入選・秀逸

昨日は陽射しの強く風があるものの熱風だった。

前橋では38℃にも上がるとか。

熱中症に十分気をつけたいものです。



今朝は5:30からクマゼミのシャワーが^^;

負けじと鳥の囀りも。

私の不整脈は就寝の時に顕著に表れているので

またこうして朝を迎えられたことは嬉しいこと。



さてさて、5月に入選して以来、不調だった俳句、三か月ぶりで入選に^^v

しかも二人の選者先生に、それも二人とも「秀逸」で採ってくださった。

低迷が続いたあとはまれにこんなこともあるので止められない^^♪




遠足は春の季語。

「また同じ子が列を乱している」と書いた、それだけの観察句である。

その他は何も書いていません^^v

わいわいガヤガヤ歩いている景が見えてくるでしょうか^^?



あるショッピングセンター周辺には長閑な田園地帯もあり

桜咲くこの春、その農道を連ねて歩く小学生の列を見かけた。

真ん中より後を歩いている男の子が何を見つけたのかしゃがみ込んだ。

すると、その子の前後を歩いていた子らが振り返り集まって来る。

当然、列は乱れる訳で^^。

暫くするとまた列が乱れている、どうやら同じ子がまた何かを見つけたようだ。

先生は最後尾に。



居るよね、こんな子、いつの時代にも^^。

課外授業や運動会などになると俄然生き生きしている子。




この画像は、その時のものではなく

伊坂ダムでの遠足の景。

何気に撮った写真が役にたちました~^^v

[PR]
by kondoumako | 2015-07-27 07:30

禁断症状

今朝は鳥の囀りに目が覚めたのだった。

窓を全開にして網戸にしているのでカーテンの膨らみからすると外は涼しい風もあるのだ。

では、涼しいうちに近所のカメラ散策でもと決めて朝シャンとシャワーを済ませて出てくると

何だ、外は雨だったんだ。



この頃、禁断症状が出てきているのは自覚していた。

名付けて、シャッター禁断症状^^。

右手人差し指に震えがきている^^;



近所には私好みの散策コースがあるのに夏場は特に要注意。

それは蛇でも、蜂でもない、私を躊躇させるのは西瓜なのだ。

なだらかな坂を上がれば畑ばかりで、この時期、色々な花も咲いている。



昨年、人影が、それも二人。

径を挟んで年配の男性が立ち話していた。

自分の畑に立って大きな声で。

そして、それぞれ西瓜を手にしていた。

私は花狙い、そして、その花にご執心の蝶やミツバチ^^♪

二人が私を西瓜泥棒と勘違いされたらとヒヤヒヤものだった。

坂を上がりきった場所なので人が居るなんて気が付かなかった。

今更引き返したら、それこそ西瓜泥棒と思われるので

腹をくくって、それまで首から掛けていたカメラをこれ見よがしに手を添えて^^;

手前に立ち止まってわざと百日草にカメラを向けた。

それから、お二人に「お花を撮らせてください」と言いながら二人の間を通り過ぎた^^;

私を目で追っている二人の視線を背中に感じながらの撮影だった。

実は、コンデジ時代にも撮りに行っていたが誰にも遭うことはなかったことだった。



昨日の日記で書いた、祖母の畑にも西瓜。

小流れ沿いの畦道を進んでゆくと祖母の畑が現れた。

案外早い水流で夏野菜の水遣りにはもってこいの場所に祖母の畑はあった。

西瓜を見てギョッとした。

何やら、白い粉がいっぱい被っていた。

それは農薬でもなく・・・

「メリケン粉」と祖母は言っていた。

何でも西瓜泥棒の対策だったらしい。

こんだけ農薬がかかっていると見せかけていれば泥棒も盗っていかないだろうと^^v



と言うことで、近所のカメラ散策も気を使う。

今年はもう西瓜を収穫されただろうか。

ああ、百日草や蝶が私を待っている^^♪

画像は昨年もしくは一昨年前もの。






[PR]
by kondoumako | 2015-07-23 07:34

嬉しい出会い

船頭平での嬉しい出会いその続編を。

ミツバチまーやではありません。




カエルのゲロちゃんでもありません。



蓮池には水生動植物の他に

鳥の鳴き声もしていました。

騒がしく鳴く鳥で、青葦の中にいるのでした。

写真は撮れませんでしたが。

で、3ヶ所くらい小さな池を回って蓮を撮っていたのですが

1ヶ所で女性の驚嘆の声やら歓声やらが聞こえてくるのでした。

カメラはお持ちでない様子で熱心に何かを観察しているご様子。

そこへ、『あれは「行々子」って言うんだよ』という男性の声。

行々子?

さっき聞いた声の主の鳥の名前のことかしらん・・

あ!俳句の季語にもなっているあの「行々子」のことだ^^!

私は騒がしく鳴いている鳥だとは思ったのですが

姿も見えなければ鳴き声も初めて聞いたので、季語までには辿りつかずでした。

で、その男性は何やらメモを取っている様子でした。



「何か、いるんですか?」

うふふ、すっとぼけて近づいていきました。

男性の手元を見逃さずチェック。

はい、見事に的中。

達筆で17文字らしきが観てとれました。

「良い句材が見つかりましたか?」

いきなりのmakoの質問に傍にいらしたご婦人二人が不意をつかれたように

顔をあげられて^^。



それから俳句の話に盛り上がり、結社への誘いをいただきました。

「結社はどこですか?」って質問されたので

「どこにも、しいて言えばネット句会でお世話になっています」

「お陰さまで、角川で入選句をいただいています」

「先生、私たちの句会にお誘いされたら?」と女性二人が。

本部は大阪の吹田、蟹江に支部があることも。

そして結社誌もすぐお出しになられて見せていただきました。

眼鏡を持っていなかったので蟻が這っていただけで内容は判りませんが^^;

「私、今、スランプ時期に突入しています」^^;

「僕の所にきたら、スランプなんてありませんよ」^^vなんて仰るのでした。



帰ってから、私たちの句会にすぐログインしてみました。

先生はメジャーな結社誌をご自分のホームページで紹介していますから。

「雨月」

ありました!

結社の句風がどんなのかゆっくり拝見したいのですが忙しい^^;

今夜にでもゆっくり拝見しましょっと。

カメラ散策をしていて、俳句に通じる出会いはかつてもありましたが

結社に属する方々とは初めてのことで、しかもいきなり入会を勧められたのも初めて^^♪

これが今回の2番目の出会いのことでした。



次回はあの大砲カメラをお持ちになっていた女子カメラマンさんとの出会いです^^♪

[PR]
by kondoumako | 2015-07-18 04:55

デジブック・パートⅡ 『平和な水辺』



再び、船頭平閘門の蓮池に行ってきました。

やはり、花は少なく、それでも日曜とあって

一つの池を取り囲むようにして熱心に撮っていらっしゃいました。

そんな時はやはり他のものを撮ってやり過ごします。

雨上がりで予想していた通りの景がとれました。

茸の映り込み、茸だけでも楽しいのに、映り込みとは

まぁ~何とも楽しいこと^^v




睡蓮は先日よりも花数を増してより一層華やかになっていました。

画像UPするにあたって、「睡」のイメージでもって、ソフト仕上げにレタッチしました。




それに、生き物たちにも。

カエル、亀、蜻蛉、ザリガニ、・・・







^^;

ギャー!!、出た、シマヘビ

まさかの遭遇、カエルを撮ろうとして足元に^^;

ま、向こうがびっくりして逃げていきましたけどね^^;

でも、カエルは命拾いしたと思うわね。

makoが追っ払ってやったのも同然^^v

そのカエルは、何と、ザリガニを捕まえようとしているのでした。

水辺を巡って生存競争、然り。

また、小さな亀にも出会い。

亀には申し訳ないけど余り好みではないんです。

頭だけ観ていると蛇に似ていませんか^^;

デジブックにはちょっとしたストーリー仕立てでUPして

苦手な亀さんに精一杯の愛情を注いでみました^^;

最初の1枚目はどぎつい色合いに写ったので

ハイキーに変更して何枚かは撮りました。

カメゴンの風格^^;






そして、なんとなく、嬉しいことが三回もありました。

その一番目。

最初、水滴の映り込みを撮っていた時のことでした。

ちょっと大きめの声でお話されるおじいちゃまがいらして

お孫さんや奥様や息子さんたちも同行されていました。

身振り手振りも見えていたので耳がご不自由な方だと気付きました。

その方たちが私の方に段々近づいていらっしゃるのが判りました。

胸がドキドキしましたが、すれ違いざまに挨拶をしました。

「こんにちは」と、手話で。

すると、おじいちゃまのお顔が思わずほころんで、

そしてお隣にいらした奥様もびっくりされたお顔で

そして笑顔で「手話出来るんですか?」って。

「いいえ~、挨拶だけなんですよ」と手話を交えて^^。

「私の名前は〇〇です」と自己紹介も出来るのですが

いま、この場面で、聞かれてもいないのに名乗るのも変なのでやめました^^;

手話で「さようなら」を言いました^^。

娘が志望校を受験するにあたって手話も習っておくといいかもという時期があって

私も送迎しているうちに参加させていただくことになり、ほんとに挨拶程度だけ。

でも、それが今でも、時々役に立っているので嬉しい。



2番目の嬉しいこと。

長くなるのでまたこの次にします~^^v

これはほんとに楽しいことだったのです。

[PR]
by kondoumako | 2015-07-09 04:53

蓮と愉快な昆虫たち


Published by デジブック
[PR]
by kondoumako | 2015-07-05 22:09

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る