<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フォーリーブス or・・・

晴天に恵まれて1週間ぶりでカメラ散策でした。

行き先はダム湖、鯉幟が目的でした。

が、1尾たりともその姿は見えず、あれ?今年はやめたのかしらん^^;

看板には鯉幟親子教室なんちゃらかんちゃらと書かれていたので

そのイベントに合わせて泳ぐことになっているのかも知れない^^。

画像は、昨年のもの。




湖岸から見下ろす竹藪。

黄色くなって、あれ?竹ってこんな色だった?



そう言えば、今頃の竹のことを「竹の秋」と言うのだったと思いだした。

春なのに「秋」とは如何に?

歳時記を開くと「春先になると竹は前年から蓄えた養分を地下の筍に送るため葉が黄ばんだ状態になる。これを他の植物の状態の秋枯れになぞらえて竹の秋という」と書かれていた。

例句 「 門前の古き旅籠や竹の秋 中村吉右衛門 」

例句 「 滋賀の雨花菜つづきに竹の秋 飯田蛇笏 」

なるほど、植物の世界にも子に栄養を送るために身を削っているのだった。

歳時記を知るまではそんなこと考えもしなかったことだ。

俳句に興味のない人には、たかが俳句、しかも、季語?・・何それ?

かく言うmakoだって、実は、秘かに「フン」って鼻で笑っていた時期もあったのでした。

それがいつの間にか季語に付いて「熟考する」までになっていたとは。

何事も継続は力也^^v




ダム湖には八重桜が咲いていましたが近くで観ると、やや遅かった^^;







ちょっと、グリーンがかった桜、名前忘れたけど、何か、高貴な感じの色だね^^。


竹林と紫陽花ロードへと進んでゆきます。

ここは好きな径なんです、静で、風にそよぐ木々の葉音や

竹藪の中から「し~ん」という「音」がするんです^^♪








杉苔は大好きなもの、子供の頃に遊んだ所にべっとり生えていました。

何となく古代ロマンを感じるのは私だけかな~。





あ!鳥の家です、今年また新築されたようです、良かったね小鳥さん^^v

「新緑の径(こみち)の巣箱新しく 駄句 mako」




やかな声が段々近づいてきました。



ちょうど、弁当を広げているところでしたからあの真ん中にある桜を撮りにゆくのは控えていました。

先生が突然走りだしたので何事かと様子を見ていると、どうやら嘔吐した子がいるようでした。

ロールペーパーで汚れた衣服を拭いて貰っていました。

まだ低学年と思われるその男の子は泣きだしてしまったようです。

きっと、体調が悪かったんでしょうね。

そんな中、makoの怒りに触れる子がいたんです。

「泣いとる~」って言う声が聞こえてきました。

そんなこと言っとらんと、背中のひとつも摩ってやらんかい!



私の息子は今は普通の子ですが、どちらかと言えば、いえいえ立派なヤンチャな子でした。

息子を連れて頭を下げにゆくのはいつも私の役目。

そんな息子には意外な一面も。

弱い子に対しては位の一番に手を差し出す子だったそうです。

修学旅行では息子がある子の背中を流している場面をみて涙が出るくらいだったと先生が。

その子を息子と同じ班に組んで正解だったと付け加えていただきました^^v

そんなことを思いだしていたのでした。




そうかと思えば、突然こんな子が^^!

どこかにスイッチが入ったようでした^^♪






あはは~実はmakoもこんな子だったような気がするんだなぁ~^^♪

悪い^^?



桜を撮りに行けないので太陽光を撮る練習や








ピンクの玉ぼけのように見えているのは椿です。

新緑がとっても眩しい季節になっていたんですね。




そうこうするうちに



ガヤガヤと帰って行くのが見えました。

高学年が低学年の子の手を引いて微笑ましい景でした。

「遠足」の季語があるのでこの景を句にしてみようと思った次第^^♪



静かになった公園では、もう帰っちゃうの?って

この子が^^。










魚眼レンズで遊んでみたりしました^^♪








長々とひっぱりましたが、さて、今日の本題に入ります^^。

クローバーなんですがこれ、フォーリーブスですよね^^?







ではでは、こちらはいかがでしょうか?




もっと判りやすくしてみたのですがどうですか?



これね、人生お初の発見でした 005.gif ←←絵文字はめったに使わないけど、今回は^^♪

これ、判りにくいかな~^^?

丁度、あつらえたように白いベンチがあったのでそこに載せてみましたが風で飛ばされるので

カメラバックやなんやかんやで囲って撮りました^^;

真ん中の葉が人生お初の発見デス^^♪




フォーリーブスだけでもラッキー♪なのに、

よく見つけたね!なんて自分で自分を誉めてやりたい気分でした^^v

あつらえたようにベンチが白く塗り直されていたことも嬉しくて~♪

撮り終えたらカメラのガイドブックのなかにそっと挟んで帰ってきたのでした。



あ、そうそう、もう一つ、このダム湖で初めてことがあります。

三脚でもって湖面の方にカメラを構えていらっしゃる方を。

それも帰りにも出会いました。

カメラは勿論、バズーカーカメラ(makoが勝手にそう名付けているだけのこと)。

そして、もっと驚いたのは小型のミラーレスカメラに望遠レンズ、しかも長~い。

makoの望遠レンズと変わらないくらい、むしろ長いかも。

思い切って聞いてみました。

「もしや、カワセミ?」・・・ではないそうです。

多分、夕暮れにねぐらに帰って行く鳥たちを狙っているのでしょうかね。

「良い写真が撮れますように~」って帰ってきました。

次回は、北勢中央公園の八重桜のことを^^♪

[PR]
by kondoumako | 2015-04-23 14:43

憎いヤツ

先月末にクラス会がありました。

雨模様の中、閘門の桜の蕾がほころびたのを横目に会場に着きました。

その二日後には再び花見の一人となっていたのでした^^。








句碑もありました^^。




さて、 クラス会。

もう、何回目になるのか忘れるくらいになりました。

既に千の風になられた級友も。

恩師の献杯と乾杯から始まったクラス会。

会を重ねる毎に円熟さの増した級友と共に過ごせたのは嬉しいことでした。

その中にmakoが居たことが不思議なことでもあり^^v

今まで話したこともなかった男子の意外な一面を発見したり和やかなうちに会は終わりました^^♪

幹事の大和撫子楚々登山家おカヨちゃん(リンクしてあります)

そして、えっちゃん、お疲れさまでした^^v

えっちゃんはmakoと同じ心の臓を病んでいたのだった。

経緯がよく似ているけど最終病名は違う。

彼女はニトロを持っていたので見せて貰った。



makoのことは一部の人には伝わっていたみたいで、会場に着くと、いきなり駆け寄ってきて

手を握りしめ、逢えて良かった~と言ってくれた子がいた。

彼女は宴会の席でmakoの前に座ったことが運の付き、カニを剥く羽目になったことがあった。

その後、彼女はかいがいしく皆の席を回ることになったという経験の持ち主。

しかし、今も、変わらいナその美貌、肌が綺麗。



makoとケーキ職人のアントニオ猪木が最初のクラス会の幹事をやったのが始まり。

もう何年前になるのだろうか、まだ子供が小学生くらいだったと記憶している。

その後、かかすことなく参加できたことは嬉しいことである。




先日、そのクラス会のDVDが届いたのだった。

編集してくださったのはいつもの石鯛君。

まぁ~石鯛君には今回もお腹の底から笑えました。

なんで、吉本にスカウトされなかったのは世界の七不思議^^。

ま、イケ面が邪魔したナ^^v

して、そのDVDにはソフトアイスをパクつくお召し上がりになるお嬢さん方のお顔が入っていました^^。

勿の論で撮ったのは・・・うふふ^^v

後でみんな観てびっくり箱開けたような・・・と思うとニンマリしているmakoなのである^^♪

あ、くれぐれも申し上げておきますが、makoがこれを使ってくれとは一言も言ってはいないのよ。

あくまでも編集したのは石鯛君であって^^♪



ところが、最初、このDVDを観た時にはmakoは違う意味でびっくりしたのです。

PCにセットしてウイーンって音がしてから始まった画像がこれ。

他にも1枚、「子流れに春大根を洗ふ母」も。

それに鈴鹿のお山も。それらがみんなどこかで観たような画像。

ううん、紛れもなく、makoのもの。




あれ?

今、観ようとしているのはクラス会のDVDだし、どこを触ったのかナ・・・^^;

焦ったのでした・・・が少し進んでゆくと、クラス会の面々が出てきて。BGMはミスチル♪

ビックリしたぁ~^^! いきなりの案山子と俳句だから^^。

今回、石鯛君からは何の要請もなかったのでどこでこの画像を仕入れたのか不思議。

実は、makoはもう一つのブログを持っていて、どうやらそこから画像を取り込んでくださったみたい。

そう言えば、ちょっと前にそのブログの閲覧数が普段より増えていたことがあった^^。



早速、彼にありがとうメールをするとこう返事が返ってきたのだった。

「・・忘れていましたわ。写真を泥棒したのでmakoに連絡しようと思いながら事後報告になって申し訳ない。むさくるしいDVDが貴女の写真で明るくなりました。サンキューべるまっち」

あはは~そうだと思った~^^!

全く、憎らしいヤツ^^v。

あ、でも、ちょっと待って^^!

むさくるしなんて言ったらお嬢様方に叱られけど、いいの^^?

今度、言いつけてやるからね^^♪


(一年前のミニクラス会はmakoの脅かしでした)

[PR]
by kondoumako | 2015-04-18 03:54

又兵衛さんと甚平さん^^。



樹齢300年の宇陀の又兵衛桜さんがこんなに有名だとはつゆ知らず。

今年の桜のFINALとしては満足のゆくものになったのでした。

しか~し、この桜に辿り着くまでにはちょっとしたハプニングが^^。

「なんちゃらかんちゃら」言う橋が流されてしまっていることが判って。

で、車のなかで M 姉さんと J 姉さんがガイドブックをパラパラしていて。

J 姉さんがこう言われました。

「甚平桜はどう?」

「甚平桜ね」と私はスマホで検索し始めたのですが。

勿論、J 姉さんも。

「あ!有りました有りました」

だけど甚平ばかり出てきて桜の画像はなかなか出てこない^^;

makoは J 姉さんのようにスマホで検索することは余りないし

PCで検索するのに慣れているので、やはりこういうところでスマホを使いこなせていないなと感じた。

たまに、桜の絵が出てきても、それは甚平の背中に桜の絵が描かれているもの^^;

J 姉さんも黙って検索してらっしゃるし^^。

この時点でも何の疑いもなく、makoの検索の方法が悪かったのだと黙って検索していた。

最後までスクロールしてもやはり桜の木なんか出てこない^^;

「あ!違う、ジンベイじゃない、マタベエだわ!」

あはは~出た^^!

ジンベイとマタベエは確かに似ているわね^^♪



で、レッツらGO ! と相成り候でございました^^v






朝から雨模様で(因みに雨女は M 姉さん)

下はぬかるんで滑りやすく大変だったけど、又兵衛さんの正面で待ち合わせを提案して

makoは一人行動をさせて貰って




この川の橋を渡り遠目から撮っていました。






さてさてここへ来る前に長谷寺にも寄ったのでした。

あの牡丹で有名な長谷寺ですね、本堂までの階段は339段だったかな、399段だったかな?

mako案外平気でした、勿論マイペースでしたけどね^^v

M姉さんは平気なんですね、息一つ乱れていないのです^^v

うふふ~J 姉さんは足腰にきていらっしゃるし、このアタシも。

寒いし~、まだこの時点でも雨^^。

「花より団子」とお腹の虫がそろそろ騒ぎ出したので




「にゅうめん」をいただきました。

お出汁が効いていて、おいしゅうございました。

ここだけの内緒の、くれぐれも内緒の話だけど

「私にしてみればほんの味噌汁程度の量」なんですって~

makoじゃありませんよ、姉さんのうちのお一人、

ま、想像にお任せで、ヒントは「甚平さん」と言うことで^^♪

確かに、食べっぷり良いですからね、甚平姉さんは、あのおちょぼ口でね^^v



で、帰りに道の駅で買い物をしました。

そのうちの一つ、和菓子、珍しいので買いました。

1パックだけ残っていたのを見つけました。

三穀米おはぎ、早速、昨日の朝いただきました。

勿論、こし餡です、朝から別腹で^^。




で、ほかにも人参とほうれん草。

どこでも売っている野菜だけど、奈良の野菜には違いない^^。

人参は、J 姉さんが見つけられていたので私も即買い。

だって、葉付きですもの、前に作った「マリネ」にもってこいですものね^^v

そこで、「葉はどうやって使うの?」って J 姉さんが。

・・・mako、マリネがすぐ言葉に出なくて、帰りの車の中で思い出した。

ので、レシピをお話しました。

と言っても、どこかに載っていたものですけどね、昨日早速作って今は冷蔵庫に眠っています。

マリネは一晩寝かせたものが美味しいですね^^♪




で、もう一つ、

「あった~!!ええっー、こんな所に?!」なんて思わず声が出てしまったのがこれ




そう、以前、kiitanさんのブログで拝見して、オババさん経由で取り寄せ場所を教えて貰ってと

アマゾンネットで買ったもの。

そ、それがこんなところに売っていたなんて

「にくらしい豆な姑」は2個買い、「にくらしい豆な嫁」は残り1個だったのでそれも買いと^^♪

このシリーズ、生姜と佃煮風に似たものはスーパーで見かけるのですが

これをお肉代わりに見立てて酢豚風にしたりして美味し~い~の^^!

ヘルシーだから、お肉ダメなひとにはもってこいなのですよ。

これからまた料理の楽しみが増えました^^♪

ではでは。

[PR]
by kondoumako | 2015-04-10 14:19

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る