<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春の雨

終日雨の日となった。

やらなければならないことも手に付かず。

今までのエネルギーはどこへ行ってしまったのだろう。

春愁が私を襲う。



過去の入選句をここに。

「嫁を貰うなら名古屋から」と言われるくらい名古屋からの嫁入りは派手なもの。







b0129670_08071251.jpg

[PR]
by kondoumako | 2015-02-27 08:08 | Trackback | Comments(0)

月間俳句・星野立子賞発表そしてmy入選句

ショッピングセンターの中にある本屋さんへ開店時間を待ちかねて直行した。

月間俳句を買う為である。

先ず、自分の入選句があるかどうか、ざっと目を通すことから始まる。

あった!!

続いて、KUMIさんが紹介してくださっていた、「星野立子賞発表」のページを探した。

あった!!

仰る通り、難しい語彙は何も使われていないのでとても判りやすい句。

それに、玩具」「果実」などの句集があることも判った。

今日は美容院の予約がしてあり、そのあとの所用を済ませたら、

今夜にでもゆっくり鑑賞させていただきたくベッドの傍に置いた^^♪



して、私の入選句はと言うと、昨年初冬にダム湖散策をしていて見かけた景であった。

季語は「冬日」、写生句である。

ピクチャーに残しておいた画像を利用して入選句を書き込んでみた。

私の句集にも多分、この写真を使うことになることと思っている。




傾いて、このまま放って於けばやがて落ちそうな巣箱であった。

よくよく見ると、天井も欠けているので、日差しが射し込んでいるのが観てとれた。

それが私にはせめてもの救いに感じられてカメラを向けた。

普段はマイナーな写真を撮らないのがmako流であるからして。

『 おちさうな巣箱の中に冬日射す 名村早智子 選 』

「おちさう」 → (旧仮名使いで表記しているのであって、タイプミスではない)

観たまんまの事実だけを詠んだものではあるが、

数ある巣箱の中でも特に目が留まったのは自身の心の内奥のものがあるからこそである。

それでも思いは一切言わないのが俳句。

『句と私だけが共有する真実』と言われた正木ゆう子氏の言葉を借りて、ここに記しておこう。

[PR]
by kondoumako | 2015-02-26 00:23 | Trackback | Comments(0)

春めく

春めいてきました。

この地方では黄砂が観測されたそうです。

春霞ならともかく黄砂はいただけない。









今夜の句会は、「春めく」「猫柳」「蓮華草」の3句を投句。

結果は、今これを書いている時点では「蓮華草」「「春めく」に票を頂戴していたが、

先生の選評はどうなるか判らない。

結果は明日の日記にでも記録しておこうと思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今夜の句会は、「春めく」「猫柳」「蓮華草」の3句を投句。

結果は、今これを書いている時点では「蓮華草」「「春めく」に票を頂戴していたが、

先生の選評はどうなるか判らない。

結果は明日の日記にでも記録しておこうと思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

過去の入選句。

昨日に続き「春炬燵」の句。

昨日記した「春炬燵」は実父との景で今日記す句は養父との景。

『 春炬燵父の肌着を温めけり 栗田やすし 選 』

病に臥していた父の着替え時のこと。

春と言ってもまだまだひんやりしていますからね、肌着を炬燵に入れて温めておいたのでした。



[PR]
by kondoumako | 2015-02-25 08:12 | Trackback | Comments(0)

春なれど

2、3日前から喉の痛みを感じていたが、昨日、今日は咳が出だした。

インフルエンザは予防注射をしているし、風邪だと思うが今日一日大人しくしていたら咳も治まりつつある。



恋猫。

今年初めて恋猫の鳴き声を聞いた。人間なら、そこは「囁く」とこでしょうに^^。

狂おしく、ギャーギャーと騒いでいるように思う。

それでも意志表示が出来る猫の方が羨ましいこと。



こちらはいつか見かけた野らニャン^^。





こちらは、先日のなばなの里の猫柳と梅とミツマタ。

見頃を迎えるにはまだ2週間も先のことだろうか。













今夜の句会は「恋の猫」「木の芽雨」「あたたかし」の三句を投句。

いずれも客観写実の句。

私たちの句会はあくまでも観察し、発見した、ことについて書くことを指導をされる。

結果はどの句にも成員さんの票はいただいたものの、やはり先生の佳句には至らなかった。

やはりの結果になった



春の句で過去の入選句をここに残しておこう。

『花札を父に教はる春炬燵 星野高士 選』

[PR]
by kondoumako | 2015-02-24 08:51 | Trackback | Comments(0)

おもうところあって



昨日届けたケーキの写メが送られてきた

気にいって貰えたようで良かった

こうたくん、おめでとう

^^v



さて

今夜の句会は「春の風「木の芽雨」の2句を投句

あと一句は作れなかった

結果は2句とも佳句にならなかった



さてさて

これからの日記更新のことですが

あれこれ書くことをお休みしたいと考えています

俳句だけは備忘録として毎日残してゆく予定です

また写真もまだまだ一杯撮りたいのでここにUPしてゆくつもりです

皆さんのところにはお邪魔してコメントもさせていただけるかとも思っています

私自身のコメント欄も開けておきますのでいただけたら嬉しいです



元気ですからご安心くださいね

「春愁」

なのかも知れません

[PR]
by kondoumako | 2015-02-23 09:50 | Trackback | Comments(0)

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る