<   2014年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

寂寥感そして食欲の秋

おきてがみ

















昨夜はエアコンも勿論のこと、扇風機さえも必要なかった

今朝の目覚めはひんやり肌寒いくらいで気が付いたら毛布をたぐりよせていた



9月、10月、11月は身内を亡くした月が続きます

なので余り好きな季節ではないのですが

亡き人のお蔭で今のmakoがある訳で

感謝の気持ちを新たにすると共に、ガラにもなく寂寥感に襲われる

熱いシャワーに泪を流せばケロっとしているのでもある



とかなんとか言いながら食欲増進の季節にこのまま突入か~^^v

うふふ、昨日は梨園に行ってきました、梨狩りではなく直売のお店に行ってきました

四日市は「山城」と言う所に子供の頃から聞いていた梨園がある

ネットで検索すると最初にヒットしたのが「やませ梨園」という所だった

ネット販売もしているようだがそれじゃつまんないので出かけてみた

山城は土地勘があるし懐かしい場所でもある

「今はどの種類があるのか、¥1,000/Kgで販売」ということを電話で確認をしていた



懐かしい駅を通りかかったので写真を撮っていると

学生さんが遠慮して映らないように身を隅に寄せようとしてくれたので

「モデルになって」とお願いしてみたら快く応じてくださった

ほんのり頬を染めて、今どき、純なお子たちだと思った

「足が長く見えるように撮るわね」ってしゃがんで撮らせていただいた

あら、今、気が付いたけど、なかなか可愛い子たちね^^。






土地勘はあったと言えども梨園はとんでもなく山の方面で

ナビは役にたたなくなって、ま、それには訳があるんですがmakoのミスでは無いですよ^^

そのことはまたの機会で^^v






看板も素敵でしょ^^

変形の一枚板に最後の「園」のところが象形文字^^♪

芸術度高いですよね

お店に入ると、4人の女性が忙しく選別をしてらっしゃって

「お忙しいところ、何度も電話でありがとうございました」と入っていきました

「ちょっと判り辛いところで、よく迷われる方が多いんですよ」ってこちらの方が






色白で「細面」のお美しい方で、看板奥様のようですね



向こうに見えているのは、林檎かしらん^^;っておバカな質問に

袋が赤いだけで、これからの品種でなんちゃらかんちゃらっておっしゃってみえましたが

10種類くらい栽培されているようです





で、makoがゲットしたのはこちら、今の時期は「幸水」です

豊水に比べると、酸味もなく肉質もシャキシャキで甘味も多いような

気がするのでこれが一番好きかな~^^v






少し黒くなっているようなところもあり形もいびつと言うだけで

選別から洩れてしまうのでしょうね

お味は同じ、もしくはこちらの方が美味しいかとmakoは思うのです^^v



それらを求めて来客さんが次から次へと^^

makoは3Kg買いました、家に帰ってから数を数えたら丁度20個で

1個あたり¥150円ということになります、お値打ちですよね^^v

うれしっ^^♪

  

しかーし^^!

これだけでは終わらなかったのです

レジをしていてくださった最も若いと思われる女性が

内緒で・・(かどうか判りませんが)3ヶオマケをしてくださいました

えっ?3ケも^^?やったね~^^v

で、さらに、色白の奥様が何と4ケも追加してくださいました







袋に入っていないものがそうですよ~^^

と言うことは合計27ケで¥3、000ですから

な、何と、1ケ当たり、¥111、11111と相成り候~^^v

家に帰ってからびっくりしました

で、早速、先日パールジュエリーをくださった M 姉さんと

熟女4人旅の姉さん方にもお裾分けしました

お恵姐さんは大きっ!ってびっくりしていました



実は道に迷っている時

MねえさんからTELがあって・・・うふふ

11月にまた熟女4人旅が決定^^!

忙しくなりそうだわ~^^♪

[PR]
by kondoumako | 2014-08-30 11:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

意外にも

おきてがみ








   ■国語

(1)次の漢字の読み方を答えなさい。

写真  ⇒  しゃめ

楽園  ⇒  エデン

女子  ⇒  めす

    うふふ、「しゃめ」には笑えました^^♪



さて、昨日発売の角川俳句9月号は没でございました

先生お墨付きの〇を貰った句も投句したのにそれも没でした

こんなこともある訳で・・・

ま、選者先生に観る目がなかったと言うことにしておきましょう^^v

かと思えば、先生も会員さんも採ってくださらなかった句が

入選になっていたことが過去にあった訳で

どうやら俳句界には魔物が住んでいるようです



しか~し^^!

意外なところでmakoの名前を目にすることができました

これは、平成俳壇で推薦句となった時より、嬉しいかも^^v



私はいつも「合評鼎談」と言う記事を読んで勉強しています

このコーナーはプロの俳人さんを初め

私たち素人の入選句も3人のプロの先生方によって

再びの選評がいただけるコーナーなんです

プロがプロの先生方を選評するコーナーでとても勉強になっています

俳句は1+1=2のように、これが正しいものって言うものはないと思います

0.5+0.5-1、0+2、0でも最終2になればそれで1句を成したということで

つまり、詠み手と読み手の感性が一致したところでそれは佳句となるのではないでしょうか

解りますかしらん、この例え・・^^;



で、先ず冒頭はプロの俳人さんの句の選評から始まります

ここでは、選評なさる先生方の、鑑賞力、選評力、に加えて

技術的なことは勿論のこと、俳句に直接関係ない歴史やその他諸々の知識が

有るか無いかも問われます

うっかりしたことは書けないので先生方もいっそう気を使われるコーナーでしょうね



そして、平成俳壇で入選したわたしたちの選評へと記事が続きます

「春の山風呂敷持つてでかけたり」

この句がいきなり冒頭に現れて目に入ってきました

ん?これってどこかで聞いたような・・・

名前を確認、ありゃま、紛れもなくmakoのよ^^♪









うれしっ^^v

だってね、9月号は没ですからね

それに、このコーナーに載せていただくことは

例え、佳作であっても名誉なこととmakoは勝手に思っている訳で^^

そうそう、このコーナーに載せていただくことは出来ませんからして^^。



選評の最後に「面白い」って書いてくださっていますね

そして、何をもって風呂敷を?なんて色々想像していただけて嬉しいですね

makoのすっとぼけた持ち味を出せている句だなと自分でも自負しているところです^^v

これって、人生においてもどこか必要なことだと思っている訳で^^;

へへ、大きく出ました^^v

俳句は自分の想いや意見は言わないのが基本のようです

俳句に限らず、自分の意見をズバズバ書いて、書いている本人さんは

してやったりかもしれませんが、私は好む好まないで言えば後者の方でございます

ま、かく言う私もダラダラ書いてしまうのですが

言葉少ないですけど、心にふっと残る文章が書けたらいいですね



実は、こういうこと過去に於いて2度あったんですよ

「教室を覗いて帰る運動会」

「桜貝亡き児の分も拾ひけり」



ということで今月は佳句ならぬとも、嬉しいことがあった訳なんです^^v

aha !!

俳句って楽しい~^^♪

[PR]
by kondoumako | 2014-08-27 05:22 | その他 | Trackback | Comments(0)

お嫁に出すところだった~^^;

おきてがみ










ちょっと紅葉にはまだ早いですが~

この句は永源寺に紅葉狩に行った時に作った句です

その時はまだコンデジでしたし、心の臓もまだ元気だったので、長い階段も難なく上がることが出来ました

今年はどうかな~

ま、ゆっくりと足に任せて行けばいいかな~と思っているところです

画像は伊坂ダムのものですから、句集には是非とも永源寺の画像を使いたいと思っているところです

この句にふさわしいロケーションをもう決めているんですが^^♪



さてさて

ご好評につき^^?

面白センス解答例をちょいとね

  (4)なぜメロスは走ったのでしょう

     ⇒タイトルが走れメロスだから


  (5)おさかなは1ぴき2ひき、とりは1わ2わと数えます。では馬は?

   ⇒1ちゃく2ちゃく


   (6)「先生が来る」を敬語にしましょう。

    ⇒先生が降臨する

とまぁ、こんな調子です^^♪

1ちゃく、2ちゃくに笑えます

きっと、お父さんがお馬ちゃんを好きなんでしょうね^^。





さてさて、先日こんなお土産をいただきました

熟女4人旅のメンバーの M 姉さんの鳥羽のかしこ島のお土産です

      あきまへん、失敗の写真になりました











誰??豚に真珠って言う人^^;

あはは~そうとも言えるけど、何か^^?



淡水パールのブレスレットなんです

綺麗でしょ^^v

熟女4人旅の他のメンバーの J 子姉さんやお恵姐さんとお揃いなんです^^♪



と、ところが

あちゃー、mako、どうしてもこれがはめられない・・・

ジョイント部分がネジにでもなっているのかな?

と、廻してみると、確かに回るんですが外れてこない

うう~ん、ガッサリンのmakoのことだから、これ以上のことをやって壊しでもしたら・・・^^;

ならばと、指から潜らせようとしても・・・これが入らない

他の姉さん方はどうだったのかしらん^^?

makoが入らなかったって知ったら笑いものにされること間違いないですわぇ~^^;

・・・娘なら入るかな~娘にお嫁に出そうと秘かに決めていました



と、ところが

makoのなんたる無知なことか

簡単に装着できることがわかりました^^;



さてさて、下手なクイズでも出しましょう^^。

いったい、このブレスレットのジョイント部分はどうなっているのでしょうか~^^?

当たった方にはこのブレスレットを

差し上げる









     ことは出来ません^^;

             悪しからずで~す ^^♪

[PR]
by kondoumako | 2014-08-26 16:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

ついていけない②

おきてがみ






  昨日の続編です~^^♪

(3)次の四字熟語の□に当てはまる漢字を答えなさい。

品□方□  ⇒  品川方面

一日千□  ⇒  一日千円

□気□沈  ⇒  一気撃沈

温□知□  ⇒  温泉知識

弱□強□  ⇒  弱夫強嫁

あはは~私なら全てに〇をあげますね~^^♪

あながち、間違っていませんものね

このような珍解答に先生方はどのように反応して、指導なさっているのでしょうね^^?



さてさて

それなりに機器もこなせるはずのmakoが孫と入った回転寿司で

テーブルの上に置いてあったタッチパネル式のオーダーでトホホだった



ちゃっちゃとタッチパネルでオーダーを掛けてゆく団子①

その間にも回転してくるネギトロなんかを次々口に運ぶ

好きな物は決まっているので、あれこれ迷うことはなさそう

ふふ、ではではmakoばぁばも好きなアナゴはあるかなぁ~

しかも、一匹なりのもの、あったあったとタッチを進めていったのですが

なかなか、スッタフのお兄さんが届けてくださらない

どれどれって団子①が観てくれたらOKになって^^;

「〇〇ちゃん、ここは何回も来ているの?慣れているね」

「ううん、今日が初めてだよ」「他のお店は行ってるけどね」

makoばぁもそれくらいは出来るさって思って目を凝らして観ているのに

彼の速さに付いていけないのだ^^;

まぁ、普段ゲームで鍛えているからなのか?

って妙に納得したmakoだったのだが

「老いては子に従え」が、もはや「孫に従え」になってしまったのでございました

[PR]
by kondoumako | 2014-08-24 12:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

ついていけない~^^;

おきてがみ


面白い記事を目にしたので一部抜粋です

題して、「子供のセンスがチラリと光るテスト回答例」 ^^♪

■英語

(1)次の文を日本語に訳しなさい

・long long ago  ⇒ 長い長いアゴ

・Do you know?  ⇒ どういうの?!


(2)次の英語を過去形に直しなさい

I live in Tokyo. ⇒ I live in Edo.



    あはは~makoのツボにはまりました^^v





さてさて~





            果つる=果てるの「「文語体」です

            慌てんぼうの失敗表記ではありませんので、念の為^^;



夏休みになると、従妹が私を迎えにくるのであった

祖母の家に集まる為である

その頃、祖母の家には独身の姉妹が別棟で理髪店を営んでいた

亡き母の妹達である

その床屋の一角に畳の部屋があって、私達従妹は多い時で総勢5,6名が寝泊りをしていた

一番年長の従妹が私たちの総監督であった

食事は祖母の家で採っていたりしたし、自分たちで作ったような記憶もある、冷麦だったような・・・^^。

赤や青の色付のものを誰が食べるかみんなガヤガヤやってる中を

私はいつも最後に箸を出していたことを思い出す

ボーっとしている子だった^^。



祖母が畑で採れた西瓜や金瓜を井戸水に冷やしておいてくれていた

時々は私だけ内緒で瓜を食べさせてくれたこともあった

祖母の精一杯の気遣いだったのかも知れない

みんなの前ではどことなく冷たい感じなのに二人になるとそうでもなかったような気がする

夏休みも終盤になると皆それぞれの家に帰って行くのだったが

私は父が迎えにくるまでとり残されていた

夕暮れになると、今日かもしれないと、外に出てみる日が度々あった

田圃の向こうに真っ黒な貨物列車が通り過ぎてゆくのが印象に残っている

宿題は従妹たちと済ませてあったものの、相変らず工作だけは残していたのだった^^;



さてさて

昨日は団子①とイオンへ出掛けて行った

普段はゲームに興じていてろくに話もしない団子①が

「車の中で一杯話をしよ」と言うのでびっくりした

この夏も旅行に行ったことや、旅先の旅館で熱を出してしまったことなどを話してくれた

「熱が出たその夜、頭がくらくらしながら自分の寝ている姿を高い所から観ていたような気がする」

と言うような内容の話を聞かされた

ふぅむ、なかなか表現力が豊かになってきたし、話の組み立て方も上手くなったと祖母バカになって聞いていた



「誰にも絶対言わんといて、ばぁば約束できる?」って言うので

どんな深刻なことかと思ったら友達と遊んだ時の話で^^。

ま、本人たちにしてみれば、秘密レベルの話であるらしい^^♪



で、お目当てのゲームのなんちゃらかんちゃらを買ってあげた

イオンギフトカードを使った

そのカードは、6月にmakoの誕生日の時にお母ちゃんがくれたもの

今日の為に使わずに財布の中にしまってあったもの

まだ十分残高はあるので、これから観たい映画の時の食事の為に残しておこうと思う^^v



で、

何を食べようかってことになって・・

お寿司、それも回転寿司っていうので、えっ?イオンに回転寿司ってあったっけ?

渋いわね、マクドかケンタッキーくらいのリクエストかと思っていたので以外だった^^。

この前makoが入った「清修庵」というお店のすぐ前に位置するところにあった

こちらのイオンはフードコートがメジロ押しでまだまだ制覇したいお店が一杯ある

で、またまたそこで驚かされたことがあったのです

その話はまた次なるお話で~^^;

[PR]
by kondoumako | 2014-08-24 06:02 | その他 | Trackback | Comments(0)

兄ちゃんの誕生日

おきてがみ





子①がまだ4、5歳の頃だっただろうか歌留多取りをして遊んで貰って^^

何度でも負けてやったことがありました

得意になって「1番~^^!」って言うその姿が可笑しくて

わざと負けてやるのでした



本日その孫が10歳の誕生日を迎えました

10歳ともなれば少年らしくなって、この夏休みの間にまた背が伸びていました

同級生のケーキ屋に頼んであったケーキを持っていきました

夜に皆でHappy birthdayをするのでケーキは下の事務所の冷蔵庫に入れに行っていた

そして、約束をしてあったゲームのなんちゃらかんちゃらを買いにイオンに行きました

実は先回逢った時に何が欲しい?って聞いていたのでした

欲しいものは決まっているけど、多分、おかあちゃんがダメ言うやろな、ってことでした

解った、じゃ、誕生日までにお母ちゃんを説得しとくんやでぇ~



ここからは団子③の目線で書いてみます

僕はお腹がいっぱいになって心地よく寝ているとバァバが足音を忍ばせてやってきた

僕が寝ているのを知ると、「なんだぁ、寝てるん^^?」

って顔を覗き込んできていたけど、お母ちゃんに阻まれていたので諦めたらしい

僕は安心して一眠りの体制に入った

兄ちゃんが、お母ちゃんに何やら交渉らしきを初めているのを夢うつつで聞いていた

バァバは兄ちゃんを連れてどこかへ出掛けたいらしく

ソワソワしているけど、兄ちゃんの交渉が上手くいかないようだ

でも、さすが兄ちゃんだな、駄々をこねることもなく、静かにお母ちゃんとの話し合いを進めているようだ

すると、バァバが、早く行くよ^^!!って言い出した

すると、兄ちゃんが、「ばぁば、やっぱ止めとくわ、この前カードを(なんちゃらかんちゃらいう名前のカード)

買ってもらったばかりやし、叱られるもん」

「叱られたら、バァバがお母ちゃんを叱るからええのよ」

って言うと、兄ちゃんとお母ちゃんは二人で顔を見合わせてニヤニヤしていた

あ~あ、まんまと兄ちゃんの作戦にはまってしまったバァバだな~^^。



こうして兄ちゃんとバァバはで出かけて行ったのだった

本当は、僕だっておちおち寝入っていられない状況だったのだ

兄ちゃんの作戦が成功したと思ったらバァバは今度は僕とお母ちゃんも

連れ出そうとしていたのだった

僕が目が覚めるまで待つとバァバが言い出した

僕は兄ちゃんとバァバのお伴でイオン引き回しの刑にされるのは、まっぴらゴメンだな^^!

だからくぅくう寝息をたててやった

暫くして今度は兄ちゃんがそわそわしだしたのでバァバは諦めてくれた

ふぅ~ドンマイドンマイ^^;

こうしてばぁばと兄ちゃんはやっと出かけてくれたので

僕は本当にスヤスヤと寝て居られたって訳さ^^v



[PR]
by kondoumako | 2014-08-23 08:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

夏休み終盤

おきてがみ





またもや広島に土砂崩れの災害をもたらした秋雨前線ですが

列島には50万ヶ所も土砂災害指定地があるそうです

今回も尊い命が奪われて仕舞いました

お悔やみ、お見舞い申し上げます

でも、なんかねぇ~、後から判ったことですが

避難勧告をもっと行政が早く出せなかったものかねぇ

雷雨で聞こえなかったとか色々支障はあったものの

なんかね・・・やりきれないことで・・・

明日は我が身、他人事ではないことですね



さてさて、夏休みも終盤になりました

私の子供の頃と言えば真っ黒に日焼けして

汗を滲ませ宿題に追われていました

最も苦手な物は、工作^^;

新学期が始まると、マーブルチョコやチョコレートの空き箱など

カラフルな箱で作った何かしらの工作が並んでいました

私と言えば、折り箱の蓋に紙を貼っただけのもの^^;

そこには、2学期の時間割を書き入れることが出来るように

横に月曜から土曜日までと、縦は6までの数字をマス目の表を書いただけ

それが立つように折り箱の丈夫な部分の枠に当たるところを使って糊で貼ったのでした

折り箱の蓋は薄いので糊が乾けば反ってくるので新学期が始まるころには

形がいびつで何ともみっともないものになっていたのでした

そして、皆の前で発表するのです

「何や?それ?」って男子に笑われたのですが

新学期の時間割表を作ってきたのは「学習意欲がある証拠」と

誉めてくださったのは他ならぬ先生でした

そんな固い言葉を使われなかったのは当然ですが、そのようなニュアンスの言葉をかけてくださいました

今でも、マーブルチョコを見かけると切なくなりますが、つい買ったりもします

で、この円柱の形の箱を何かに使えないかとしばし

残しておくのですが、結局は捨てて仕舞うのです

あの頃にタイムスリップ出来るならばmakoはmakoに逢いに行きます

マーブルチョコ、一杯持ってね^^v



中学生ともなると、意外なもの、パジャマを縫ってきている子がいました

しかも、男子^^♪

何でもお姉さんが洋裁をやっていて、教えて貰ったのだとか

噂によると、そのお姉さんの作品だったとか

でしょうね^^。

かく言う私も、家庭科の授業で浴衣を縫うことになって

大方は和裁の出来る母の作品になったのでした^^v

それでも、嬉しかったです^^。

養母ではありましたが和裁の出来る母が出来たことが




夕方になると子供達の何やら賑やかな声も聞こえていたのに

昨日あたりからそれも聞こえてこなくなりました



休み明けにはすっかり疲れ果てた母親が

点滴に通いだしたという話を聞いたことがあります

どなた様もお疲れが出ませんように~^^v

[PR]
by kondoumako | 2014-08-22 11:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

819の日

おきてがみ













今日8月19日は8・1・9の日、そう俳句の日

今朝、TVで俳句に因んだ放映がされていた

俳句は「脳が活性化」してボケ防止にもなるそうです

俳句甲子園、開成高校は常連の入選高校でもある



中山いつきさん、TVのバラエティー番組で俳句の指導をされているのを見かけます

即興で判り易く添削をなさる方で私の好きな俳人さんでもあります

かつては俳句王国の撰者先生もしていらっしゃいました

元々は、国語の教師をなさっておられたようですが

たった17文字の世界に魅せられて、国語教師から俳人に転向された方です

その「なつき」さんが今朝のTVで、こんなことを言っておられました

「人生に於いて、悲しいことや辛いことがあればあるほど良い句が作られる」

言い得て妙だと思いました、俳句を自分史としてしたためてきたmakoにとって励みになるお言葉でした



勿論、生まれながらにして、俳句人生を歩んでいらっしゃる方がいらっしゃいます

「稲畑汀子さん」

高浜虚子の名前などは教科書で見かけたことがあるでしょうか

その高浜虚子のお孫さんにあたる「稲畑汀子」さんは生まれもって俳句の環境にあった訳で

現在も大御所として中央で活躍されています

汀子さんがTVに出ていっらしゃるとmakoは釘付けになります

お召し物^^。

高価な和服・・・そこかい^^!!



makoなど、たかが足かけ7,8年かな、まだスタートラインにも立っていません^^;

でも、働きながらせっせと駄句を作り、毎日続けてこられたのは俳句は「自分史」と思うからです

そう、私の「生きた証」なのです

因みに、makoが一番最初に入選したのは、「お~い、お茶俳句」でした

そう一度は皆さん目にしたことがお有かとおもいますが、ペットボトル^^。

「佳作特別賞」をいただきました、初めて投句して初めて入選したのがそれでした

副賞として、「濃いお茶」の24本入りをいただきましたとさ^^♪

そこに、makoの俳句が載せられていました

勿論、周囲の人に配りました^^;



さてさて今日は眼鏡を作りに行ってきました

度数が合わなくなってきていたのは自覚していたのですが、ツルが壊れてしまったのです

仕事で使って居た時よりも良いものにしました^^v

フレームは「これにします」って選んだら、流石、お目が高いと男性スッタフさんが^^。

まっ^^!!

確かに、一番高価なフレーム選んだのは事実

と言ってもその「お店の中で一番高価な」ってことですよ^^v

で、チラッと聞こえてきたのですが、補聴器、私の聞き違いでなければ

10万~90万のお値段なんですって

やけに、スッタフお嬢さんの声が大きいなとは思っていたんですが

そらそうだ、補聴器のお客さんなんですものね

で、そのお客さん、「10万でも90万でもなんぼでもかまへん」って答えておいででした



はぁ・・・mako、目の次は耳に来るのか^^?

いやだなぁ~だって、お耳が遠くなる人って長生きする・・って聞いたような・・・

大丈夫、makoはそんなに長生きはさせていただけないでしょうから^^v

ま、とりあえず、句集だけは完成させておきたいので

もう少し、世にはばからせていただくことが出来ますように~^^。

細かい文字の歳時記が見えて、PCが打てたらそれでいいのです^^♪

[PR]
by kondoumako | 2014-08-21 08:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

おひとついかが~そして京都の思い出

おきてがみ









画像は昨年の長野林檎狩りの帰りに車中から撮ったもの

立山連峰なんでしょうか^^?



さて、颱風11号以来、不安定な天気で、京都、兵庫、高山で被害増大

秋雨前線だそうですが秋の気配をこんな形では要りませんね

今週一杯、西日本は不安定だそうです

二次被害などになりませんよう、また被害地に一日でも早く

日常が戻りますようにと願います



京都で思い出したことがあります、今から10年・・いえ17前のこと

米国から里帰りした妹家族と京都に出かけたことがありました

老舗の旅館をチェックアウトする頃には雷雨が始まって

金閣寺に着いた頃には、いよよ激しさが増すばかりでした

父や、まだ幼った姪のジェニファーには売店のベンチで待機して貰っていたのでした

金閣寺の周りの池の水があふれ出して、一部危険な状態でした

父のヨミが当たった訳で・・^^v

それでも外国からの旅行者は溢れ出ている池の周辺をバックに写真を撮っていました

洩れなく妹達も、そうでした^^

父とジェニファーが気になっていた私は一足先に戻ってみました

ところが、父は売店の人と和やかに笑談していたのでした

大体が、「父居る所に笑い在り」なのですが、何せ、言葉の通じない二人が心配なのでした

ふと見ると、ベンチのジェニファーは綺麗な扇子を珍しそうに眺めていたのでした

父が買い与えたものでした



前日には清水寺や銀閣寺にも行っていたのですが

妹ハズバンドは金より銀の方がお気に召したようで

これぞ、ジャパニーズテンプルとばかりに

シャッター音が聞こえていました

金に比べたら、随分地味なのにね^^。

そして、かなりシャッターをきらせていただいたmakoでした^^♪

私の撮った写真が、Happy new year のカードで送られてきました

その他の写真を観ていて気付いたことがあります

妹とジェニファーの写りかた、いえ、撮られ方が実に垢抜けしているなと思ったのです

どれも、口元が「ウイスキー」、そう、母音のイになっているのです

よく、皆さん、「はいチーズ」って言うでしょ

あれは最後にズとなってお口がすぼんでしまうのですって

ジュエリーの接客販売のお仕事をしている方の受け売りですけどね^^v

つまり口角が上って、しかも、自然なモデル顔^^v

妹にあってはカメラを向けると何気にモデル体制になるんですよね

身構えるのではなく、そこにあるもの、木の葉っぱなどにそれとなく触れてみたりして

足のポーズも垢抜けしていて、すっかりアメリカナイズしているのでした

ピースとかは一切しないんですよ^^v  ^^;

また、ハワイはマウイに行った時も、海岸を歩く家族のシルエットは

旅行のポスターにでも出来るくらいの良い雰囲気を出していました

その写真は残念ながらmakoの撮ったものではなく、弟が撮ったもの

ま、モデルが良い・・・と言うことであって決して弟の腕には一切関係がありません

念の為ね^^v



清水の階段では、父がかなり遅れて上ってきました

息が上がっていたのでしょうね、今のmakoがそうであるように^^;

もっと、気遣いの言葉を掛けてあげれば良かったと今になって思います

思えば、父との旅行は後にも先にもそれが初めてでした

そのことを思い出して作った句にこんな句が有ります

『初めての父との旅行明易し』     推薦 ・ 児島 健選

                         秀逸 ・ 行方克己選

私にとっては1句に推薦&秀逸をいただけるとはまさに快挙でした

そして小島 健氏の選評はこうでした

『父との旅行は初めて。明け易いのは父と娘の情の深さ故

 父と娘は微妙な心情で繋がっており、色々な思いが交錯する。

 お父さん、ありがとう』

小島先生は顔も観た事無い、ましてこの句を作った背景など

微塵もご存じない作者に対して見事に的を得た選評をしてくださいました

小島先生、大好き~! ありがとう~~^^v

思わず俳句本を抱きしめていたmakoなのでした^^v

いや~俳句って、楽し^^♪



[PR]
by kondoumako | 2014-08-20 08:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

2013秋桜

おきてがみ










向日葵に諦めがつかず迷っていました

お隣の県は洪水警報などが出ていて、目的地とは少しずれてはいるのですがやはり止めました



ならばと、ここのところ滞っていた句集の編集にとりかかりました

そうそう、インクが切れていたんだ

PCの中にインストールされている説明書を見ながら格闘^^;

格闘なんて大袈裟だわね、だってね

いつもそのような作業をしているならば兎に角、初めてのカートリッジ交換作業ですもの

それに、この程度なら、説明書なんか見なくたって

あ、ここをこうするのね、なんて、物を観ただけで大体は勘を働かせて出来ていたのに^^v

近頃、そう言うことがまるっきしダメになってきている、とほほ^^;

そして、気が付いたら指に青赤のインクがぁーっ^^;

すぐ洗ったんですが洗剤を付けても何をしても落ちないのです

初めに隅から隅まで説明を読まなかったのが悪いのですが^^;

ま、シャンプーしている時に落ちてくれるでしょう^^。



で、句集編集に使う為の画像探しをしていたら

昨年、ななばの里で撮った秋桜が目に留まりました

一度はデジブックにUPしているのですが

何しろ30日で消えてしまうのです(プレミアム会員ではない場合ね)

では、もう一度作っちゃえ、なんて、またまた、横道に逸れてしまったのです^^;

そんなこんなをしていたら、今夜の句会に投句の時間

向日葵、蝉時雨、で物語を作った、そうそう、あとは「秋の声」で作ってあるのに

未投句なのだ^^; 推敲が必要なんです^^♪



そうそう、土、日、は長島リゾートの花火が観られる

花火かぁ・・一度は撮って勉強しておかないといけないと思いつつもいまだ実現していない

現地まで行かなくても川の向こう岸に揚がる花火を撮れる場所は見つけてあるんです

でも、なかなか腰があがらない^^;

20:00になりました、花火の音が聞こえてきました^^!

  『遠花火八時きつかり始まりぬ』   駄句mako



秋桜のデジブック、昨年の画像で作ってみました

今年も撮りにいけますように~^^♪



[PR]
by kondoumako | 2014-08-19 10:12 | その他 | Trackback | Comments(0)

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る