<   2012年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

愛すラガー



アイスラガー当りました♪

先週の木曜日のことですけどね

隣のお饅頭はおなじみの

Cherie Dolceシリーズの和風テイスト

これは無料ではなく20%off

迷わず買いました(^^)v

冷やしていただきました

一口です

de

このビールと前回&前前回のビールと合わせて

昨日やっとチャマたちのお父ちゃんにお嫁に貰っていただきました

お嫁入りの道具の一つに揚げたての串かつを買い

お中元のカタログを持っていきました

兄孫に

好きなもの選んでいいよ~♪

って見せたら

パラパラとめくって

指さしたのが

げっ!

ステーキ3枚セット¥10,500也

汗汗 冷や汗

恐るべし8歳の味覚005.gif

うん、いいよいいよ006.gif010.gif

して

チビ孫チャマに振り回されて

腰痛のお土産を貰って帰ったバアバだったとさ!!!!!


[PR]
by kondoumako | 2012-06-30 07:41

一休みひとやすみ~♪





広い園内散策でお腹がgooとなりました

いつものパン屋さんへ直行

ティケットで買います

うふふ、これmakoのお腹にはおさめませんよ

愛しいチャマたちのお土産です



バナナの形のパン
ほんとにパン?
って方がいらして~

ほんとリアルですよね
チョコチップが入ってますよ

持ちやすくぼろぼろこぼれない生地なので
チビチャマ用です
これをかじっている写メが送られてきましたが
うふふ
まるっきりお猿

いえ
可愛いですよ~037.gif
UPさせてもらえないのがザンネン
なのですぅ~
[PR]
by kondoumako | 2012-06-29 07:27

紫陽花&竹林



この紫陽花ロードが好きなのは

背景に竹林があるから

夏になってもまだウグイスが鳴いている(老鶯)

ジョギング、ウォーキングの方

お先にどうぞ

おしゃべりの方方

すこーし耳をすましてみてね


[PR]
by kondoumako | 2012-06-28 06:20 |

角川平成俳壇7月号入選句



藤原梅林公園でのこと

時期が遅くて残り少ない牡丹を求めて広い園内を散策していました

牡丹って大輪で

時に頭を垂れるようにあちら向きに咲いているんですよね

そうなるとよけい見たくなるんです

それで

「傾く方へ回って観た」

それだけのことを詠んだのです

ですが

回って観る動作からは

牡丹園の広さや牡丹の花が大きいものであることが

おのずと判ってくるのではないでしょうか~♪

2句目



釣り好きの父はもっぱら投網が多かったようです

投網をよく繕っている姿も思いだされます

あるとき鮎を持ってきてくれました

鮎は投網で捕ったものかどうかは判りませんが

大小様々なものでした

「不揃い」

としたのが良かったのだと思います

買ったものでないことが判りますね

中二で養女に行った私の様子をそれとなく観にくる父は

いつも何かしら持ってきていました

鮎もそのうちの一つですが

長野に行ったからと言って水密たっぷりの林檎

自前の大きな西瓜や季節の野菜

正月になればミニ門松を作って持ってきてくれました

その父が母の3倍近く生き

逝ってから4年が経とうとしています

今頃は

空から観ていてくれることででしょう
[PR]
by kondoumako | 2012-06-27 04:52 | 俳句

デジブック・七変化

雨の日も晴れの日も

それぞれに趣きがある紫陽花

「母ちゃんは紫陽花が好きやったなぁ~・・」

そう言って青竹の花瓶にポンと紫陽花を挿した父

私、8歳の頃でした

若くして逝った母と紫陽花を重ねて見る癖が付いて久しい私

またその季節が巡ってきました


Published by デジブック
[PR]
by kondoumako | 2012-06-24 05:12 |

私を観ていらしたカメラ女子は

この方です



菖蒲を撮ったのであって

この方を被写体にしたのではありませんので

念の為ね

肩から掛けていらっしゃるのは大きな大きなカメラでしたよ!



ここでの撮影はどうしてもごちゃごちゃ花が写ってしまいます

形の良い花を見つけても

普通に上から目線で撮ってもダメなことは

今までの経験で解っています

まして私のカメラは一眼機能はありません

マクロ機能

花なら花の部分だけをできるだけ絞って撮れるようにできるのですが(オート)

被写体の大きさによって至近距離も違ってきますし

どうしても背景が写ってしまいますね



できるだけ背景をシンプルにしなくてはいけません

なので私は被写体の背景にも気を使います



それが結構楽しいのですが♪

しゃがんだり斜めになったり

気がついたら這うようにしてるときも(^^)v

なので一眼のカメラを持ってらっしゃる方から観れば

変な動きをしていることになるんでしょうね037.gif

この画像もやっと何とか背景として良いかな~って決めたものでした

花どうしゴチャゴチャしてないでしょ♪


そこに例のご婦人が写っていたと言う訳です

私の動きを追っていらしたのを確信した瞬間でした

どうやらご自分も写ると察したので

おおかた

くるりと

背を向けられたのだ思われます

あ~

私もかっこ良くカメラを構えてみたいものですよ(^^)v



・・・ところで・・・

もっと凄いカメラをお持の方がいらっしゃいましたよ

しかも3台も!

つかず離れずの距離を保ちながら

紫陽花そっちのけでその方のことを目で追ってしまいました(^^)v

紫陽花の鉢の前で

その3台のカメラのどのカメラを使うか

どのように撮るのか

愉しさ一杯と勝手に想像した私は004.gif

思いもよらない行動をとることに



「すみませ~ん、一枚撮らせていただけませんか~」

「えっ?」

顔を真っ赤にされて驚いていらっしゃるカメラ男子に

「あ、いえ、モデルはその3台のカメラでして・・・(^^♪」

そして慌てて撮らせていただきました

それがこれです



3台目のカメラは向こうにいってしまって写っていませんが

実はそれが一番大きかったのですよ!

「そっちの大きいほうをもう一枚!」

なんて

言えませんでした

ご協力くださったカメラ男子さん

ほんとに驚かせてしまってごめんなさい

& ありがとうございました~(^^♪


それにしても

そのカメラ男子のお写真拝見したかったナ~

だけど

そこまでは言えないmakoだったのです!

どうしてって?

気が弱いからです

ん?

キャハハ~041.gif
[PR]
by kondoumako | 2012-06-23 13:52 |

笑うワラビ

開ききった蕨のことを

蕨が

笑う

って言いますね



子供の頃は随分蕨採りに行ったなぁ~

細い笹竹が茂っている間にびっしりだった





「ええかぁ~じぃーっと見てたら見えてくるからなぁ」





そう言って父は教えてくれた

笹竹の軸と同化していたから

目を凝らしていると見えてくるんです

太くて柔らかい蕨でした

楽しかったなぁ~





母亡き後の

父との思い出の一つ

蕨を見ると思い出されます





ところで





菖蒲と同化している生き物 観つけました!

お尻が菖蒲の黄色い部分と全く同じ色です

判りますか?




しかもこの蜂

業あり!

なんですよ



花の蜜を吸うのにこのままの状態

つまりお尻を上にしたまま

背中を花の面にくっつけた状態で潜り込んでいきます

アクロバットの世界ですね♪

すると花の黄色い部分にお尻が乗っかって全く花と同化する訳です

そして同化したらそれ以上は下に潜っていきません



いや~賢い蜂ですね

これなら鳥などの外敵から身を守って

安心して密を吸えるというものですね

自分のお尻が黄色いこと自覚しているのです



暫くこの蜂さんに見惚れていました♪



その私を不思議そうに見てらっしゃる方が~

その場所を離れてからも・・





そう言えば

菖蒲園に入って来た頃から

その女性は私の事が気になって

いらっしゃるようでした

大きな立派なカメラをお持ちになっていらっしゃいましたよ



・・・私・・・

怪しい人物なのかも037.gif


その方が偶然写っている画像がありますので

またの後日談に~♪
[PR]
by kondoumako | 2012-06-22 05:30 |

水面の七変化



双子の菖蒲



ダンスをしてます♪

揃っていますね~037.gif


[PR]
by kondoumako | 2012-06-21 06:48

きみどりみどりふかみどり そして 水も滴るいい花たち



紫陽花は雨が似合うと・・



[PR]
by kondoumako | 2012-06-20 04:26

この~実 なんの実?

この長~~~~~い画像UPの仕方

やみつきになりそう!

暫くお付き合いを(^^)v



ところで

この実



何の実だかお判りになりますか~?

私は知りませんでした

ほぼ実寸大ですよ

早春の頃黄色い花を咲かせていましたがあの花にこの実が生るとは

目からウロコでした

だから生り物って面白いのです~♪

・・・・・食べられる・・・・・

のかしらん?

キャハハ(^^)v
[PR]
by kondoumako | 2012-06-19 06:30 |

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る