<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

句会の先生が・・

嬉しいこと発見!!
俳句本、何気にパラパラめくっていたら
あれ?今、私の名前が見えたような・・
うそ!!

角川俳句には「合評鼎談」とい記事があり
プロの先生方によって
プロの俳人さんの句と
私たち素人の句を選評するというコーナーがあります
そこにまたまた私の句を見つけました
これはかなり嬉しいこと
だって、入選句として採っていただいた句が
再び何らかの【テーマ】にのっとって選評の対象になるのですから~♪

今回のテーマは
【素手で掴んだ発見を詠む】

その対象に選ばれたようです
何とうれしいことでしょう!!
その記事がこれです



因みに
私の学んでいる句会の先生がこの句に〇
を下さった折の選評はこうでした
『運動会そのもを描くと大方が類似・類想句になってしまいます。新鮮な発想の句はこのような季語の使い方から産まれます』

先生のご指導とプロの俳人さんの選評と
ご意見・見解がピタっと一致しています
ほんと、S先生のご指導を受けていて
良かったと思います

・・・
ところが
最近、句会での先生のご指導が滞っています
諸連絡によると、2,3日出かけるので
選評が遅れますetcとありました
毎日のご指導ですから先生だって用事も
済ませたいでしょう
でも、もう10日以上経っています
実は先生、持病がおありで・・
入院・・か、それならそれで何かしらの
連絡なりされていかれるはず・・
それとも、2、3日の検査入院のおつもりだったのでしょうか
・・会員のある方が心配のコメントを書き込みされていました
私も然りです
先生のお身体に何かあったのと確信しています
それに加えて不審なのは
私と同じく心配のコメントを書いて
いらしゃった会員さんと他にも1名ほど
ここ2、3日投句がピタッと止まってしまいました
・・・変です
心配です
先生のいらっしゃらない句会は
クリープを入れないコーヒーのようなもの( 例えがちと古い(^_^;) )
先生どうされたのですか~007.gif
私、このままでは迷子になりそうです(/_;)
[PR]
by kondoumako | 2011-02-27 12:04 | 俳句

角川平成俳壇3月号入選句・2句

今年に入ってから好調です
今月も2句投句して2句とも入選に。
そのうち1句は「秀逸」入選になりました。

先ず、1句目。
回想句です。




「おーい、面白いもの見せてやるぞ!ちょっと裏まで来てみ!」

私が幼い頃住んでいた家の裏は
綺麗な赤土でした。そこに霜柱が出来ているのを見つけた父が私を呼んだのでした。赤土を盛り上げている霜の柱は宝石にように光っていました。手に取って日にかざしてみたりしているうち、踏めばサクサクする音、またその触感も面白く、夢中になって踏みしめて遊んでいました。母は妹を背ナに朝の厨ごとに勤しんでいました。

暫くして、父が、今度は弟を連れて来ました。
・・ところが・・私が全部踏みしめてしまった後で・・。
「〇〇子」お前、こっぺり踏んでしもたんか?(こっぺりとは、全部、という意味かな)何で、〇〇にも残して措いてやらん」
父は少し怒っている顔つきでした。

そんなこと言うても、〇〇はまだ寝てたし・・溶けないうちに踏んでしまわなあかんやろ・・(^_^;)
まさかここで叱れるとは夢にも思わぬことでした。

それから、霜柱を見つけた時は弟にも踏み残して措くようにしたのです。
母は妹を背に厨ごとでした。
父と母、弟と妹。
たわいもない日常の、されど、数少ない家族のささやかな幸せの一こまだったような気がします。

  注:母はその後、私たち幼い兄弟を残して33歳の若さで逝ってしまいました。胃癌でした。

2句目。


中学生になっていた私は風呂を沸かしたり家事一般を担っていました。

初湯とは、「新年に初めて風呂を立てて入ること」です。私の家では元旦は風呂は沸かさず、その代り、2日目の朝風呂に入るのが慣わしでした。当時、まだ私の家では薪で沸かしていました。
熱めの風呂が好きな父に湯加減を問うのが私の役目でした。

今では、蛇口をひねればいつでもお湯を出せる生活に様変わりしました。
出勤前には必ずと言っていいほど朝シャワーが身に付いてしまった私です。でも何故か父に湯加減を問うあの頃のことをふと思いだしてしまうのです。
   注:父は3年前84歳まで生きることができました。
[PR]
by kondoumako | 2011-02-25 23:18 | 俳句

お~いお茶俳句

う~ん、どうしよう
今年も伊藤園のお~いお茶俳句の
応募締め切りがあと残すところ1週間
迷うな~

面白半分で応募してた時はいきなり佳作特別賞なるものをいただきましてびっくりしました!!
2年目は佳作をいただきました。
そして3回目・・4回目
佳作にもひっかからなくなりました(^_^;)

本格的に学び始めたら全く伊藤園さんは採ってくださらなくなりました。
選者先生は勿論プロの俳人さんもいらっしゃいますから(金子兜太先生)あ、これは、俳句をかじっている人だなと判るんでしょうね。

因みに「自由語り」という新俳句大賞入選作品集なるものが贈られてきました。2年連続でした。佳作特別賞の折は入選した俳句が載せられたお茶24本入りワンケース&賞状ももいただきました(副賞)。賞状なんて学生時代以来です~(^^♪

嬉しいのはこの本、非売品なのです。
私の宝物になりました。

あ~ぁ、今年はどうしようかな・・
ダメ元で応募してみよっと
[PR]
by kondoumako | 2011-02-22 02:00 | 俳句

眠れない夜は・・

時々眠れない夜がある。

ホームページのメンバーさんに教えて貰った画像加工で遊んでみた。
額縁の色を替えるだけでも充分楽しめる。
何となく捨てがたいと保存していた写真もこうして額縁加工をしてみると
それなりに良く見えてくる。私だけ?
ま、いいっかUPしよっと!!






















♪どつかれさまでした~~~!!
makoの24時間ギャラリーはいつでも無料で鑑賞していただけます(^^♪(^_^;)(^_-)-☆
次回は何が出てくるやら~~~?
[PR]
by kondoumako | 2011-02-20 08:28 | その他

世界に一冊の

絵本

愛しの孫チャマ・お兄いチャマ♪

が載っている絵本があるのを

思い出して画像加工&俳句との

コラボにして遊んでみました。

お兄チャマ3~4歳頃かな。


この絵本、世界にたった一冊しかありません。
アルファベット順にお兄チャマの顔入りストーリーが書かれています。
サングラスで唯一顔が隠れているのがこのBです(^_-)-☆

米国でデザインを仕事に持っている妹が送ってくれたのですが、
これは彼女の作品ではありません。
こちらでもこんな絵本はあるかも知れませんが、アイデアと思います。

で、この絵本を受け取った頃にはお兄チャマはお母ちゃんに教わった英語で簡単な自己紹介ができました。
例えば、私の名前は〇〇です。
ところが、面白がって、何でも
My name is 〇〇*@★Ю?$Ю・・
ん?(~_~)  ま、いっか。

幼い子供って吸収するのが早いですね。私がトマトを指して、これ、トマト
でしょ?
No,No,「トメート!!」。
あら、発音良いですね~
太陽は?
くっ、くっ、「まぶしい~!!」
だめだ、こりゃ、
チャマの方が一枚も二枚も上手だがや~(^_^;)

と、言う訳で、英語を孫に教わったのでした(^^♪

ふふ、そして、出来た俳句はこうでした。

【 日向ぼこ絵本で英語教はりぬ 】

aha !! 駄句も駄句ですね~。
季語が動きますね~。
「夕涼み」で最初作ってましたからね~。他にも、「夕端居」とか・・。
[PR]
by kondoumako | 2011-02-16 06:06 | その他

喫喰庵

浅間高原露下そば粉
十割手打ちそば

場所:大垣市上石津町前ヶ瀬95
店主:仲田 哲弥

元は名古屋在住だった店主がここをやっと探して、
奥様と二人で始められたそうです。

看板は立っているもののメイン道路からちょっとだけ奥まった民家の一角にあるので、見逃してしまいそうな古民家である。






引き戸を開けると土間の真中に客席が。良いですね~
絵画は娘さん作とか。
(その娘さん、有名な和菓子の老舗・備前屋さんに嫁いでらっしゃるとか)


私たちは座敷にあげていただき、
と言っても客は私たち3人だけでした。
もうお昼も終わりかけての時間にお邪魔してお店を閉じようかという時でした。
ご主人は物静かで寡黙な方とお見受けしました。
奥座敷はこんな感じで、何でも、以前にお住まいの方が使っておられたものをそのままにしてあるとか。かも居にかけてある家紋が目立っていました。


私たちは土間からあげていただいたすぐの座敷の炬燵の中に通していただきました。本棚には文庫本がぎっしり。ほんと、田舎のお家のどこにでもある景で親戚のおじちゃんの家という感じ。これも以前の家主さんのまんまとか。
小さな水槽には熱帯魚?グッピーはもっと赤いよね。カメラを向けると寄ってくるんですよ。可愛いですね。ちょっとピンボケ。


お蕎麦は言うまでもなくおいしゅうございました。辛味のある独特の大根が効いていました。
私はやはり川喜多さんのお蕎麦に慣れているのですが、奥様を1年程前になくされたご主人が細々と営んでいらっしゃるお蕎麦はまた素朴で格別なお味がしました。
奥様がご存命の折は、畑で採れた四季折々のお野菜の一品料理が美味しかったそうです。


で、ずっと、気になっていたのがこれ。芸能人のどなたのサインかな~?・・
あら、菅原文太さんですよ~へぇ~こんな山奥にまで・・。


とすると、お隣のサインはどなたの~?松方弘樹兄さんのでは?あ、違うみたい~文太兄さんのはすぐ判りましたが~どなたのでしょうね~


帰りに友達のS子姉さん(同級生だけど)がこう言いました。
「奥様さんがみえたときは、畑の白菜をいただいて帰ったりしたけど、今は荒れてるわね~・・」ん?それって、お野菜がいただけないことの残念さ?それとも亡き奥様を偲んでいるの?
お野菜がいただけないことに見せかけて、実は、奥様を偲んでる友の言葉ですよ。それが、友と、私流。解っているわよ。でも、損するのよね。前者に見られて。特に私はね(^_-)-☆
私がおどけて明るくテンションUPの時はその奥に悲しみが隠れているのですが、それを知っているのはKちゃんだけです。
ということで、春になって野辺に花が咲く頃にまたお邪魔しましょう056.gif058.gif
[PR]
by kondoumako | 2011-02-13 20:58 |

梅ふふむ

「なばなの里」のパスポート。

先週のこと。更新が2月末までと思っていたのですが、実は3月まででした。せっかく来たので、この時期、お花も何もないだろうなと思いつつ園内を散策。
う~ん、梅がほころび始めたところ。


ふふ、花より団子と言ってもパン屋さんぐらいかな~開いているのは。
店内は焼きたてのパンの良い香り~♪ゆったりともーにんぐぅ~



3月まで日本最大級のイルミネーションの一部の、光のトンネルは昼間みるとこんな感じ。


夜になってライトUP。昼間はメンテナンスの為クローズされています。


[PR]
by kondoumako | 2011-02-06 22:55 | 紀行

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako