<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中日俳壇年間賞に輝きました!!

中日俳壇年間賞に輝きました~

・・本当?・・
6月~中日新聞への投稿は自粛していましたから~
何で?
そう、「母の日の母を泣かしてしまひけり」の句
黛まどかさんの御句と一字一句も違わぬ句を投句してしまい読者からの指摘
俳句を学ぶものとして類句・類想はよくありがちなこと

私?
決して盗作でmoなく~
1席~3席入選に入れば、いくら図書券がいただけるからと言ってもね
そんなみっとも恥ずかしいことはするはずもなく

その経緯については以前の日記に書いてありますが
それでも新聞社に多大なご迷惑を掛けてしまった
ことのお詫び&自身のおっちょこちょいの反省の意味も含めて投句を控えていましたハイ

そんな中、思ってもみなかった年間賞をいただきましたことは今までとはまた違う喜び
もしかしたら、俳句人生の中で一番嬉しいかも
栗田先生のありがと~うございました
何はともあれ、句そのもが秀句として先生のお目に留まっていたことがうれしいですね
実は、昨年も年間賞をいただいておりまして
でも、今年の年間賞は私にとっては全く意味が違いますものネ

ここで余談を一つ
その6月の事件をきっかけに周囲の人たちのリアクション
「どうしたの?この頃載ってないね」
と、心配してくれた、みーちゃん&高校時代のクラスメートたち
そんな中、或る人がこう言った

「図書券は返したのか?」

は?
あのぉ~

同じ俳句を学んでいる人の言葉とは思えないお言葉
私、図書券目当てに俳句を詠んでいる訳じゃないし
そんなレベルで俳句を学んでいる・・のではないし

以外にも
あなた自身が、今、図書券のことを言われましたね
あなた自身がそうだったのですね037.gif

賞をいただいた句
得意とする人事俳句から一歩踏み出し、写生句として佳句になったものです
これからの俳句人生に於いて大いに励みになることでしょう
そしてその句はこれです
b0129670_12262017.jpg

[PR]
by kondoumako | 2010-12-27 12:33 | 俳句 | Trackback | Comments(0)

角川平成俳壇23年新年号入選

角川平成俳壇23年1月入選句

今回も2句投句して2句とも採っていただきました
この調子で23年もガンバ!!

先ず1句目
b0129670_10221685.jpg

最近では案山子を見かけることが少なくなりました
それでもたまにユニークな案山子にでくわすことがあります
以前、偶然通りかかった道端で、何?これ!・・。しかもイケ面じゃん?!
という案山子に出会った。頭は床屋さんなんかに置いてある練習用のマネキン?でしょうかね

b0129670_10311690.jpg

なかなかのアイデアの畑の持ち主のセンスに笑ってしまいました

さて、今回の俳句も幼い時の回想句になります
父母たちと一緒に稲刈りの場面にいた時のこと
それもかなり山深い稲田
そこに行くのにも人一人通れるのがやっとの獣道ではなかったかと記憶している
農家ではない父母たちが何故そんな所で稲刈りをしていたのかは解りませんが
で、案山子はというと、十字にくくっただけの竹竿の上に麦藁帽を被った
「へのへのもへじ」さんでした
その案山子の周囲だけ先に稲を刈ってそこに茣蓙を敷き、私と弟は座ってそこで遊んでいるように言われた記憶
そこへ父が来て、小さなトランジスタラジオを案山子の腕にひょいと掛けたのです
ところが電波状況が悪かったのでしょう
とぎれとぎれでさっぱり判らないのですが父なりの心遣いだったのでしょうね
おやつは「蒸かし芋」だったような
「まだ終らんの~?」そう言って駄々をこねた記憶が蘇る
今思えば、父母が居て、数少ない幸せのひとこまだったような気がします

2句目
b0129670_1103381.jpg
運動会と言えば、競技のことであったり、天候のことだったり、来賓の様子だったりと、運動会そのものに関連した句が多い
因みに息子は運動が得意
運動会ともなればがぜん張り切って「クラスのムードメーカにるので助かります」と先生

今回はちょっと視点を変えて運動会の果てた後のことを詠んでみた
そう、教室を覗いてから帰ったのです
本当は息子の机の中、パンの残りとか、テスト用紙とかぐちゃうちゃに詰まったものを想像しながら

句会で先生に〇をいただいた折の寸評はこうでした
運動会そのもを描くと大方が類似・類想句になってしまいます。新鮮な発想の句はこのような季語の使い方から産まれます。
 
ふふ、ちょっと視点を変えるってこのことだと解った1句になり嬉しかったです

その日は息子の活躍を大いに誉めて賑やかな
食卓となったことは言うまでもありません037.gif

[PR]
by kondoumako | 2010-12-26 11:18 | 俳句 | Trackback | Comments(0)

私が生きているのはこの二人がいるから

ふふ、ちっとばかし大袈裟?
でもほんと。

それにしても兄弟よね~!!051.gif
ふふ、恐るべしDNA。

会話まで聞こえてきそう。

[PR]
by kondoumako | 2010-12-16 07:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

ひゃっほ~い!!


昨夜は忘年会でした!!
まんず、ビンゴーゲームがあったことが想定外。
でもって、今年は0地点で運勢悪いのMAX状態だった私がこの商品をGET!!
しかも欲しかった物。
ひゃっほ~い!!

詳しくはホームページの日記に書きました001.gif
[PR]
by kondoumako | 2010-12-11 08:03 | その他 | Trackback | Comments(0)

虎落笛

虎落笛・・・

虎落笛⇒「もがりぶえ」
「木枯しなどが柵や竹垣に吹きつけて
発する「笛のような音」をいうが、「広範囲の風音」にも用いる。 by 俳句歳時記。

今夜は今シーズン初めての虎落笛が聞こえます。
「広範囲の風音」の方です。

「もがり笛風の又三郎やーい」 by 上田五千石 虎落笛の句で私の好きな句です。

そして、私の拙い句はこうです。
「虎落笛今頃父はもう寝たか」  まこ 少し乱暴な詠み方をしています。
子育て真っ最中だった頃のこと。子供たちを寝かしつつ虎落笛の日は特に何故か独り暮らしの父のことを思ったものでした。

今は、足場の高きところで仕事をしている吾子のことを思います。
明日は風止みそうですが(^_^;)
[PR]
by kondoumako | 2010-12-03 22:42 | 俳句 | Trackback | Comments(0)

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako