<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

中日俳壇年間賞

えっ?中日俳壇に年間賞があったんだ!

☆中日俳壇 年間賞☆

最優秀賞1名 優秀賞2名 佳作賞7名 の計10名の年間賞が発表されました
嬉しい~~♪ 佳作の7名のうちに入れていただきました~♪
投稿し始めたのは今年の6月頃からで
計9句を佳句として紙面に載せていただいたことは
ほんと私にとってはラッキーでした
栗田先生の年間総評にもあるように多分句材が新鮮だったからでしょう
以前は新聞の「くらしの作文」「発言欄」などに投稿していました
俳句?ん?それってお金と暇のある人
(爺様&婆様・・失礼me too でした))のお稽古文芸でしょうが?
景色や自然を観て感動しないことはないけれども・・うぅ~ん
自然そのものよりも自然の中の人間を表現したい
そしてネット句会である先生の指導を受けるようになったのでした
程なくして角川の推薦入選句になったのが
「今年竹離れて歩く息子かな」でした
季語がぴたっと決まった時には世界一短い詩が出来上がることを知りました
そこから私の人事俳句作りが始まりました
もちろん先生の指導の賜物だったのは言うまでもありません
パソコンが出来る環境にしてくれた娘と
いつも応援してくれているみーちゃん・お恵ちゃん・級友・句友の皆さんに感謝して
これからもがぁ~んバ!!

b0129670_17353041.jpg

[PR]
by kondoumako | 2009-12-27 17:37 | 俳句

.

中日俳壇
12月6日掲載句

【選評】

【大根干しが最後の仕事となった父。父亡き縁側に今日も干されている大根が切ない】

晩年の父はよく切干大根を作って縁側に広げていました
それを柔らかく煮て食するのが好きだったようです
今頃の父を訪ねると干し大根の匂いが漂っていました
・・いけません・・また熱い泪がこぼれてきました・・

b0129670_11164325.jpg

[PR]
by kondoumako | 2009-12-06 11:21 | 俳句

.

角川・平成俳壇総集編

今年の掲載目標は12回の内7回でしたが・・
なんと10回も!!
その内 推薦句・2句 秀逸句・1句 佳作句・16句
私の学んでいる句回の先生によると
たとえ佳作であっても1句に付き多数の選者先生に
採っていただくことが価値のあることだそうです
確かに一人でも多くの選者先生の佳句として
認められるのは嬉しいことですね

また1回の投句に3句まで投稿ができますが
3句とも採っていただいたのが10月でした
これが今年一番の進歩だったと言えるかも知れません

俳句は5年でやっとスタートラインに立てる文芸だとか
それだけ奥が深いと言えますが
私などかじりだしてまだ3年目
スタートラインにも立ってない ど・素人です
それでも小さく真っ黒に見えて並んでいる句の中に
自分の名前を見つけた時は嬉しいものです
まして 秀逸・推薦のように大きい文字でトップに
掲載された時などは小躍りしてしまいます♪
自己をも認めて貰えたような錯覚にさえ・・

b0129670_2011572.jpg

[PR]
by kondoumako | 2009-12-06 06:00 | 俳句

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako