<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

角川入選句・夜店

角川・平成俳壇11月号発表

二人の選者によって採っていただきました

子供の頃の回想句
祭りの夜店には綿菓子などの食べ物や玩具や金魚など
子供たちの目を惹くお店が沢山並んでいた
うすぐらい裸電球の下で木箱か何かに入れられて
ピーピーピーとひしめきあっているひよこに釘付けになった私
思い起こせば夜店にひよこが売られていることが不思議で
他を回っていてもどうしてもひよこが気になって仕方がなかった
他に何も要らないからひよこが欲しいと母(継母)に迫った
家に戻って父に叱られたような記憶・・

ひよこは卵を産まない雄ばかりが売られていたのだった
それでも黄色いボールように弾んでいる生き物はいとおしくて
私を虜にして止まなかった

b0129670_11323391.jpg

[PR]
by kondoumako | 2009-10-25 11:37 | 俳句

.

『着ぶくれの孫を歩かせ初詣  小倉遊亀』

「ほのぼのするねぇ~」・・byお恵ちゃん
これ彼女が 宮記念 美術館(伊勢)で買った絵ハガキを
フォトスタンドに入れてプレゼントしてくれました
句&書は 小倉遊亀さんという美術家の
99歳のときの作品だそうです

1932年、女性として初めて日本美術院同人となり、1936年に山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚。以後鎌倉に住む。1976年日本芸術院会員、1978年に文化功労者に選ばれる。1980年には上村松園についで女性画家として二人目の文化勲章を受章。1990年から96年まで日本美術院理事長を務めた。1999年にはパリで個展を開いた。105歳の長寿を全うした。

お土産をいただくのが嬉しいのは言うまでもなく
今回 彼女がこの俳句を「何だかほのぼのするねぇ~」って
☆言ったこと☆
で  これならmakoが喜ぶ・・そしてわざわざフォトスタンドに
してくれたこと
makoにとっては(ほのぼの×2)でした
しかも孫俳句 人事俳句の好きなことを心得てくれてるところが憎い!


[PR]
by kondoumako | 2009-10-17 04:45 | その他

.

秋薔薇inなばなの里

ちょっと時期が遅かったかな・・
という感じでしたが 薔薇を撮るのは初めてでしたから
誰も行かないような場所まで踏み込んで棘に刺されながらの撮影でした
他にも定番のフクシアなど ダリアもまだまだ咲いて
コスモスは先回より花数が増えていました
薔薇はやっぱ春の方がいいのかも 来春に期待!

画像をクリックすると拡大します

  

 
 
[PR]
by kondoumako | 2009-10-08 08:22 |

中日俳壇

10月4日掲載句

【選評】

【夜祭で賑わう参道の露店であろうか
釣銭に木の実が混じっていたというのが面白い
作者は狐に化かされたかと釣銭を数え直したことであろう】

栗田先生ありがとうございます
とても楽しい選評をしてくださいました!

選評は作者にとって楽しみの一つでもり
何故ならそれは選者先生の感性とかお人柄まで見えてくるように
思うからです
テレビ句会などを見ていると特にそのように言えるかも知れません

さて 今回のこの句は子供とのままごと遊びの景である
娘はお買い物ごっこが大好き
レジスターのコインが紛失してきていたので
たまたま拾ってきてあった
団栗をコインに見立てて釣銭に貰ったのでした
その娘も今ではごっこ遊びのお相手をしているのです
時の移ろいは早いものです


b0129670_1938521.jpg

[PR]
by kondoumako | 2009-10-04 11:02 | 俳句

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako