遅い朝食そして「関の戸」

今朝は早くから目覚めていました

朝方、咳き込んで治まらなくなって

乾燥している部屋で、お口を開けて眠っていたからだと思います

鼻炎持ちになってから冬場はずっとこんな感じになります

思い切って布団を出てうがいをしたら治まっていきました

風邪でなくてホッとしました^^;

心臓に負担をかけることは避けなければなりません

そして、今日も朝を迎えることが出来ていることに感謝です

そして、今日は、19年前の阪神・淡路大震災、を思います



先日、「なばなの里」へ行った時に見つけた「関の戸」って言うお菓子を紹介したいと思います




上には、パウダー状の「阿波の和三盆」がまぶしてあります

漉し餡で、求肥餅です

全て、makoの好みのものばかりが使われていて大好きなお菓子の一つです^^

このお菓子の歴史は古く、現在で十四代目、三百八十年間作り続けてきたそうです

  『江戸時代寛永年間 第三代将軍家光の頃、初代服部伊代保重により考案創業されました

東海道五十三次の内、四十七番目の「関宿」は 大和街道と参宮街道(伊勢別街道)の三つの街道が交

わる宿場で 参勤交代やお伊勢参りの人々で賑わっていました 銘菓「関の戸」はこの宿場から京都御

室御所まで運ばれ皇室のお茶会やお花見などに多く使はれて御用菓子司となりました』と記されています



元々は、お恵姐さんからいただいたのが始まりでした

鈴鹿まで行かなくても、名阪の御在所サービスエリアに売られていると聞いていました

それを、「なばなの里」で見つけた時は、即買でした、うれしっ!

今までは孫たちにパンを買っていたのですが

たまには自分の為にティケットを使おうかと^^v



で、今朝のメニューは、隠家パン屋さんで買ってあったパンに

生クリームとフルーツを挟んでみました






苺がちょっと安くなってきましたね

キウイフルーツも固かったのが食べ頃になっていましたので使いました

ビタミンCは風の予防にもなります^^

朝はそうも食欲がないのですが、内服薬があるのでいただくようにしています

あ、そうそう、オレンジに見えているのは、これまた、お恵姐さんにいただいた

柑橘類で、娘さんのご主人さんのご実家産、だとか

「何か判らん、八朔でもなし、夏みかんでもなし・・・」と言ってましたが

オレンジかポンカン?ミカンほどの大きさで、皮は薄いし、美味しいですよ

お恵姐さんはさほど興味がないみたい^^




それからね



残ったフルーツと「関の戸」はおやつタイムにただくつもりで3時までお預けです

ほんとよ^^

[PR]
by kondoumako | 2014-01-17 14:10 |

妹とラグーナビーチにて


by kondoumako
プロフィールを見る